もどる
ホーム ホーム > 病院の特徴 > 病院概要 > 令和元年度(2019年度) 天理よろづ相談所病院 病院指標

令和元年度(2019年度) 天理よろづ相談所病院 病院指標

 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 

 

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 536 241 275 369 813 1351 3201 5552 2909 457

 

 60歳以降の年代の方が多く、全体の7割を占めています。この年代の方々は複数の疾患を持っておられたり、重症化しやすいといった特徴があります。また、小児では先天性心疾患など慢性疾患が多いのが特徴です。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

 

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)-処置1:0-処置2:0-副病:なし 46 6.28 6.19 0.00% 1.17
040100xxxxx00x 喘息-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 42 5.95 6.64 2.38% 2.93
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 42 4.86 6.17 4.76% 0.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 38 6.11 5.69 2.63% 3.50
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 23 5.70 5.73 0.00% 3.70

 

 当院小児科は、「子どもの総合医」として一般小児科診療を主体に、神経疾患、循環器疾患(小児循環器科として担当)、代謝内分泌疾患、アレルギー疾患などの専門診療を行っております。

 一般小児科診療においては、対象となる疾患の多くは市中感染症で、中でも気道感染症が多数を占めます。そのうち上気道炎(いわゆる風邪)は軽症であることが多く外来で対応可能ですが、肺炎や気管支炎、細気管支炎といった下気道炎/下気道感染においては、感染・炎症が重篤化したり呼吸障害を来すことも多く、しばしば入院が必要となります。

 一方、気管支喘息発作も多くは気道感染を契機とし、呼吸障害を来して入院します。中には下気道感染症と合併したり、両者の区別が困難な患者さんもおられます。このような状況を反映し、常に当科入院患者の上位が下気道感染および気管支喘息で占められています。

 ただ、近年、小児医療の進歩,特に肺炎球菌やインフルエンザ桿菌に対する予防接種の普及により、小児の細菌性気道感染症は減少傾向にあります。またステロイドやロイコトルエン拮抗薬などの使用により気管支喘息のコントロールも良好となりました。このため気管支喘息、下気道感染による入院患者数は減少傾向です。

 代わって今回も、新生児の疾患が当科入院患者の上位に入りました。これには出生直後の呼吸障害や低血糖、黄疸などが含まれ、呼吸障害の場合は何らかの新生児仮死蘇生が必要となります。

 なお、当院にNICUはなく、入院患者は当院出生の新生児がほとんどですが、在胎35週程度、体重2kg弱の赤ちゃんも積極的に受け入れており、状況により院外出生の赤ちゃんも受け入れています。

 

 

消化器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等-処置1:0-処置2:0-副病:0 131 2.99 4.85 0.76% 68.05
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 74 6.66 6.37 1.35% 62.34
060150xx03xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等-処置1:0-処置2:0-副病:0 64 5.11 5.45 0.00% 42.25
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 63 8.14 7.13 3.17% 68.43
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 62 13.81 15.02 0.00% 72.39

 

 鼠経ヘルニアとは、足のつけね(鼠径部)に生じたいわゆる脱腸のことで、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。鼠径ヘルニアは幼小児に多いと思われがちですが、高齢者にも多く発生し、手術以外に治療方法はありません。痛みが少なく短期入院ですむ新しい手術方法が普及してきており、積極的に治療した方が良い病気です。

 胆嚢結石症は、胆石発作・急性胆嚢炎・急性胆管炎で発症し、消化器外科や消化器内科で診断・緊急治療を受けた後、手術を行います。炎症が軽微な時は腹腔鏡を用いて胆嚢を摘出しますが、胆嚢の炎症が強い場合や周囲の癒着が強い時には開腹で摘出せざるを得ない場合があります。

 胃癌は早期の場合、消化器内科で行うESDと消化器外科で行う腹腔鏡手術の適応が問題になりますが、当院では毎週内科・外科でカンファレンスを行い、胃癌治療のガイドラインに基づいて適切な治療方針を決めています。適応があれば積極的に腹腔鏡を用いて低侵襲な手術を心がけており、ロボットを用いた手術も行っております。進行癌に対する術前・術後の化学療法も消化器外科で行っています。

 結腸癌・直腸癌を含めた大腸癌は早期癌・進行癌ともに年々増加しています。早期癌は消化器内科の治療適応になる場合もありますが、進行癌や内科的治療の適応外と判断された場合は手術を行います。ほとんどが腹腔鏡下で切除していますが、腫瘍が大きい場合には術前化学療法で縮小させてから切除することも多いです。進行癌に対する術前・術後の化学療法も消化器外科で行っています。

 

 

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 51 17.20 23.56 88.24% 75.00
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等-処置1:0-処置2:0-副病:0 39 25.26 25.94 76.92% 78.72
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 35 21.31 20.93 28.57% 68.89
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部-脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等-処置1:なし-処置2:0-副病:0 33 26.12 20.26 24.24% 69.85
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 28 20.36 21.53 89.29% 71.50

 

 整形外科では脊椎疾患、関節疾患の手術を中心とした診療を行っております。腰部脊柱管狭窄症、頚椎症、成人脊柱変形に対する脊椎除圧固定手術、変形性関節症、大腿骨頭壊死などに対するに対する人工股関節、人工膝関節置換術を実施しています。人工関節置換術後は早期にリハビリテーション施設への転院をはかり在院日数を短縮して多くの患者さんに対応できるようにしています。骨折はかかりつけ患者さんを中心に可能な限り受け入れております。

 

 

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)-皮膚悪性腫瘍切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 26 5.92 7.90 0.00% 81.15
020230xx97x0xx 眼瞼下垂-手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 18 4.28 3.10 0.00% 75.67
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍-組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等-処置1:0-処置2:0-副病:0 12 5.58 8.03 0.00% 50.92
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)-その他の手術あり-処置1:なし-処置2:0-副病:0 11 3.73 4.67 0.00% 26.18
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)-鼻骨骨折整復固定術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 10 5.00 5.26 0.00% 37.70

 

 当院では顔面骨・手外傷、体表・顔面先天異常、瘢痕、皮膚・軟部組織良悪性腫瘍、がんなどの手術後の再建、皮膚潰瘍、眼瞼下垂症など幅広く診療しています。症状、根治率、患者さんの希望を考慮して可能な限り侵襲性を少なくしながら、最大限の結果が得られるように手術を行っています。

 また再建術に際しては、機能と外観両方を正常な状態に近づけるように種々工夫をしています。眼瞼下垂症は挙筋前転法、皮膚眼輪筋切除、吊り上げ術を症例に応じて使い分けています。乳房再建はシリコンインプラント、筋皮弁術両者に対応していますが、インプラントが保険適用になって以来多くの患者さんがインプラントを希望されるようになり、インプラントによる再建が右肩上がりになっています。良性腫瘍、悪性腫瘍切除は根治と低侵襲を両立できるよう最大限の努力をしています。再建には各種皮弁、植皮など最も機能的、外観的に優れたものを選択しています。顔面外傷は顔面骨骨折から軟部組織損傷まで眼球以外の全てを手掛けています。顔面骨の固定にはチタン製の固定材料あるいは生体吸収性の材料を使い分けています。顔面軟部損傷(外傷、熱傷、瘢痕拘縮など)は眼瞼、口唇、鼻、耳介など特殊領域の手術を行っています。

 なお当科では自費での美容外科診療は行っておりません。

 

 

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 41 2.12 3.01 0.00% 66.15
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 35 20.26 18.81 57.14% 69.57
010070xx9910xx 脳血管障害-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 34 2.62 3.14 0.00% 71.56
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 31 4.52 9.67 12.90% 83.48
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤-脳血管内手術-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 22 13.00 9.24 0.00% 69.36

 

 脳神経外科で取り扱う疾患には、くも膜下出血、脳梗塞、脳内出血に代表される脳血管障害や、脳腫瘍、頭部外傷、脊髄疾患、さらには、癲癇、顔面けいれん、末梢神経障害などの機能脳神経疾患があります。

 近年、急性期脳梗塞に対するrt-PA(アルテプラーゼ)静注療法、脳血栓回収療法が確立し、その適応が拡大しています。これまで点滴加療しか行えなかった患者様に対し、積極的な再灌流療法を行うことで、良好な予後が得られる症例が増加しています。当院では⼀次脳卒中センターの認可を受け、救急車の受け入れを積極的に行っていることもあり、脳血管障害の割合が最も多くなっています。

 頻度順1・5位の脳動脈瘤は、くも膜下出血の原因となる疾患です。⼀旦出血してしまうと予後が悪いことが分かっており、動脈瘤が大きい、不整、お元気な方には予防治療をお勧めしています。開頭顕微鏡下手術(ネッククリッピング術)と血管内手術(コイル塞栓術)を、症例に応じて選択し、最適な治療を目指しています。

 頻度順2・3位の非外傷性頭蓋内血腫(脳出血)には、血圧管理や脳保護薬の投与を行い、早期からリハビリ加療を開始して、機能予後の改善を目指します。

 頻度順4位は、脳梗塞ですが、超急性期におけるrt-PA(アルテプラーゼ)静注療法、血栓回収療法の症例が増加しています。⼊院後は脳保護薬や抗血栓薬の投与、リハビリ加療を行います。また、再発を予防するため、脳血管評価とともに、脳卒中危険因子(高血圧、高脂血症、糖尿病など)の是正に努めます。脳主幹動脈の狭窄・閉塞が見つかれば、適応に応じて、ステント留置術、頚動脈内膜剥離術、バイパス術をお勧めします。

 

 

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 197 9.06 11.51 0.00% 70.87
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし 13 5.15 9.59 0.00% 67.85
040200xx01x00x 気胸-肺切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 13 9.15 10.18 0.00% 40.31
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 10 6.40 8.34 0.00% 58.70
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍-肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等-処置1:0-処置2:0-副病:0 9.26

 

 呼吸器外科ではDPC分類の最も多い症例は肺悪性腫瘍の手術となっています。肺悪性腫瘍のうち、原発性肺癌手術に関しては、術前検査にて進行度を見極めた上で、病期Ⅰ、Ⅱ期を絶対的適応としますが、縦隔リンパ節転移陽性等のⅢ期進行肺癌症例に対しては、呼吸器内科、放射線科とも連携して、化学療法や放射線療法を併用した集学的治療も行っています。転移性肺腫瘍に関しては、原則として原発病巣がコントロールされ、かつ他臓器に転移がなく、肺転移病巣が数箇所以内で完全切除が可能な場合に手術を行います。切除方法は部分切除が原則です。

 2番目に多い症例は気胸です。気胸とは肺の表面に穴が開いて、肺が縮んでしまう病気です。肺に基礎疾患を有していない特発性気胸と、基礎疾患を有する続発性気胸に分類されます。原則的に安静や脱気・ドレナージ治療後の再発症例を対象に手術を行っていますが、両側同時発症や反対側の気胸の既往がある場合などは、初回発症でも手術を行います。殆どの症例で小切開による胸腔鏡下手術が行われています。

 3番目に多い症例は、肺癌術前の導入化学療法、肺癌術後の補助化学療法もしくは再発に対する化学療法です。化学療法は呼吸器内科医が主に行っていますが、症例により呼吸器外科医も同様に行っています。

 5番目に多い症例は、肺悪性腫瘍に対し手術も化学療法も行わない症例です。これらの中には、終末期医療も含まれます。

 

 

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤-ステントグラフト内挿術-処置1:0-処置2:1あり-副病:なし 36 15.06 15.67 13.89% 78.17
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)-ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等-処置1:なし-処置2:1あり-副病:なし 25 26.00 23.77 0.00% 69.04
050163xx02x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤-大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等-処置1:0-処置2:1あり-副病:なし 23 21.57 19.82 0.00% 71.09
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 22 3.00 3.01 0.00% 72.45
050161xx9901xx 解離性大動脈瘤-手術なし-処置1:なし-処置2:1あり-副病:0 13 18.85 22.59 23.08% 72.23

 

 心臓血管外科ではDPC分類の最も多い症例は非破裂性大動脈瘤に対するステントグラフトにより血管内治療であります。近年、対象患者の高齢化に伴い、非破裂性大動脈瘤に対する開胸もしくは開腹手術が困難な症例が増加しており、低侵襲であるステントグラフトの需要が増えたものと考えられました。

 次に多い症例は手術を要する弁膜症となっております。前述の動脈瘤症例と同様に高齢者を中心として手術治療を必要とする弁膜症症例は増加傾向にあり、大動脈弁狭窄症においては生体弁による⼈⼯弁置換術を、僧帽弁閉鎖不全症においては僧帽弁形成術を行っております。

 次に多い症例は急性大動脈解離に対する手術症例であります。多くは急性A型解離による緊急手術症例ではありますが、手術待機時間の短縮や早期補助手段の⼯夫により良好な手術成績を確立しております。

 

 

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 111 4.47 4.58 0.00% 63.82
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍-卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等-処置1:0-処置2:0-副病:0 65 7.46 6.21 0.00% 49.22
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍-腹腔鏡下腟式子宮全摘術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 53 6.32 6.09 0.00% 45.00
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:5あり-副病:なし 48 3.98 4.39 0.00% 61.17
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 35 3.74 4.82 0.00% 61.23

 

 当科では産科における分娩、婦人科における良性腫瘍、悪性腫瘍の治療を積極的に行っています。婦人科良性腫瘍では腹腔鏡下手術が積極的に取り入れられています。子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんといった婦人科悪性腫瘍の治療では手術療法に加え、抗がん薬や分子標的薬を用いる化学療法を積極的に行っており、治療薬の種類や患者さんのご希望に応じて外来または入院しての化学療法を選択していただいています。

 

 

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 635 2.84 2.78 0.00% 72.50
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-両眼 445 5.10 5.09 0.00% 75.01
020220xx97xxx0 緑内障-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 155 6.88 7.53 0.65% 72.37
020200xx9710xx 黄斑、後極変性-手術あり-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 130 6.74 6.71 0.00% 68.66
020160xx97xxx0 網膜剥離-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 112 11.96 9.33 0.00% 61.56

 

 当科では手術を目的として来院される事が多く、白内障手術の相談に来院される事が多くなっています。日常生活に不自由を感じた時点で手術を行う事が、望ましいと考えています。白内障手術は日帰りおよび入院で手術を行っています。失明原因の第⼀である緑内障を多く診断、治療を行なっているのが当科の特徴です。点眼による通院治療では十分に視野の進行を止められなくなった症例に対しては、手術療法を行っています。黄斑前膜、黄斑円孔、黄斑分離症などの黄斑疾患に対して積極的に診断治療を行っています。最新のOCTやHRAなどの機器を揃えて的確な診断治療を目指しています。極小切開で行う手術法(MIVS)で術後の早期退院や視力回復を目指しています。緊急性のある網膜剥離に対しては積極的に受け入れて、緊急手術を行っています。

 

 

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎-処置1:0-処置2:0-副病:0 84 7.02 6.80 0.00% 56.75
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍-甲状腺悪性腫瘍手術 切除等-処置1:なし-処置2:0-副病:0 70 8.74 8.44 0.00% 58.49
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫-鼓室形成手術-処置1:0-処置2:0-副病:0 67 7.54 7.85 0.00% 55.00
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 57 6.79 7.24 0.00% 62.79
100130xx97x0xx 甲状腺の良性結節-手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 53 7.66 7.37 0.00% 60.62

 

 耳鼻咽喉科でのDPC分類の多い疾患は、1位は慢性副鼻腔炎、2位は甲状腺の悪性腫瘍、3位は慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫、4位は耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍、5位は甲状腺の良性結節となっており、様々な領域の疾患に対応します。奈良県全般および三重県伊賀地方の耳鼻咽喉科の基幹病院として病院・診療所からの信頼も厚く、多くの入院手術治療を行っています。

 慢性副鼻腔炎は鼻腔周囲の鼻腔と交通のある副鼻腔(上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞)に慢性の炎症を来す疾患です。症状は鼻汁(特に膿性鼻汁)、鼻閉、顔面や眼周囲の痛み・違和感などです。重症化すると、視力低下や複視といった眼の症状や頭痛なども起こります。軽症例などは投薬や鼻副鼻腔処置による保存治療で改善しますが、保存治療で改善しない場合や重症例では手術(内視鏡下鼻副鼻腔手術)による治療が必要となります。

 甲状腺の悪性腫瘍(甲状腺癌)や良性腫瘍(良性結節)については、当科では専門性の高い治療を行っております。腫瘍が大きくなったり頸部リンパ節に転移したりして初めて前頸部や側頸部にしこりを触れて受診する⽅もいますが、検診などで⼩さい腫瘍が指摘されて紹介受診することも多いです。甲状腺悪性腫瘍⼿術では、術前に頸部エコー・CT、穿刺吸引細胞診などで正確に病期診断し、最⼩限かつ必要な範囲の切除にとどめ機能障害の軽減を⽬指しており、良好な治療成績を得ております。良性腫瘍手術では体への負担を減らすべく、核出術や小切開手術などにも取り組んでおります。

 慢性化膿性中耳炎の主な症状は、難聴、耳漏で、重症な場合はめまい、顔⾯神経⿇痺、髄膜炎併発による頭痛なども起こります。慢性の炎症により⿎膜穿孔がある場合が多く、また⿎室にある耳⼩骨が消失していることも多いです。中耳真珠腫は⿎膜の⼀部が⿎室側に陥凹して炎症の塊を作り、耳⼩骨などの骨を破壊しながらまるで腫瘍のように中耳の中で増大していく疾患です。真珠腫により耳⼩骨が破壊されると難聴を⾃覚するし、感染を伴えば耳漏を認めます。慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫とも、通常は保存治療で改善することは難しく、⼿術(⿎室形成術)による治療が必要となります。当科では慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫の⼊院⼿術件数は、全国でみてもトップクラスです。

 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍は、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の領域に発⽣した腫瘍のことで、腫瘍の治療は多くの場合切除術となります。その中でも大唾液腺である耳下腺、顎下腺から発生する耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍に対する切除術を当院では多く手掛けております。唾液腺腫瘍は良性腫瘍であることが多いのですが、⼀部に悪性腫瘍も含まれます。術前検査としてCTやエコーなどの画像診断と細胞診を行います。細胞診による唾液腺悪性腫瘍の診断は、特異度はいいものの感度があまりよくないため、その確実な診断と治療は手術となります。従って、大唾液腺腫瘍は多くの場合手術治療を行います。当科での手術件数は全国でもトップクラスであり、短時間で安全で合併症の少ない手術を行っています。

 また、頭頸部の悪性腫瘍、つまり頭頸部癌については地域がん診療拠点病院として、また日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医指定研修施設として専門性が高いだけでなく、患者の視点に立った医療を提供しています。頭頸部悪性腫瘍は、治すとともに機能温存や外観の維持も重要な要因となりますが、⼀般に手術治療では多少なりとも機能障害が出現します。一方放射線治療が中心となる治療でも唾液減少や疼痛、嚥下障害などの障害が残ることもあります。がんを治すということはもちろん治療後の生活も考慮したうえで、どのようながんでも手術で摘出するというような方針ではなく、耳鼻咽喉科内での検討はもちろん、放射線科と密に連携を取った上で治療方針を検討しています。

 

 

放射線科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:3あり-副病:なし 14 7.29 18.24 0.00% 68.64
050163xx97x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 7.65
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患-動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等-処置1:なし、1あり-処置2:なし-副病:なし 5.34
050200xx97xxxx 循環器疾患(その他)-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 9.77
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 9.34

 

 放射線治療科は、他の診療科と共に幅広い疾患を診療する科で、特定の臓器・疾患を担当する科ではありません。各病院の事情や特色に応じて、一部の患者を担当することになります。

 当院の医療圏である奈良および三重の一部は、全国的にも食道癌の多い地域です。外科手術、内視鏡治療、化学療法、放射線治療を組み合わせて対応します。当院では長年、消化器外科・消化器内科・放射線治療科が良好な協力関係を築き上げており、患者数も多いことから、食道癌患者の一部を放射線治療科が分担する体制となっています。但し、放射線治療科が直接患者のご紹介を受けているわけではなく、三科で協議の上、一部の患者を担当しています。食道癌のご紹介は、消化器外科/消化器内科宛てにお願いいたします。

 また放射線科ではカテーテル治療に代表される侵襲の少ない治療(IVR部門)も多数おこなっていますが、やはり通常は各内科や外科からの紹介患者を中心に治療に当たっています。特に大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術や術前、術後の追加処置の症例数は多く、当科における代表的なIVR部門の対象疾患となっていますが、患者紹介に関しましては心臓血管外科が窓口となっております。

 

 

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 115 11.81 17.72 6.96% 74.43
010060×2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 52 17.21 16.16 42.31% 74.31
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 38 22.97 20.84 21.05% 76.79
010230xx99x00x てんかん-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 37 10.16 7.10 8.11% 63.54
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 27 19.89 16.13 51.85% 73.37

 

 脳神経内科では、迅速な対応が必要な急性期脳卒中(主として脳梗塞)から、在宅医療との緊密な連携が必要な神経難病まで、広範囲な領域の脳神経疾患を担当しています。

 ⼊院疾病では、パーキンソン病、急性期脳梗塞、誤嚥性肺炎、てんかんが上位を占めています。脳神経外科と協同して脳卒中センターを運営し、t-PA⾎栓溶解療法や⾎栓回収療法といった脳梗塞の超急性期治療を行っています。

 神経難病のパーキンソン病では、正確な診断、症状変動期の薬剤調整、合併症の治療、生活指導など個々の患者に対応した治療、ケアが必要になるために⼊院頂いています。神経難病では加齢や病状の増悪に伴い誤嚥性肺炎を起こすことも多く,臥床による廃用予防をあわせて,入院加療いたします.てんかん重積発作では、初期には集中治療室での加療が必要なことが多く、多くのメディカルスタッフと協力し、治療を行っています。

 

 

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症-処置1:なし-処置2:0-副病:0 17 12.88 12.55 0.00% 54.88
080020xxxxxxxx 帯状疱疹-処置1:0-処置2:0-副病:0 11 8.91 9.00 0.00% 70.91
080110xxxxx0xx 水疱症-処置1:0-処置2:なし-副病:0 28.56
080090xxxxxxxx 紅斑症-処置1:0-処置2:0-副病:0 10.05
100100xx97x0xx 糖尿病足病変-手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 24.27

 

  1. 蜂巣炎、丹毒などの細菌性⽪膚軟部組織感染症の⼊院患者の患部は下肢に多く、また基礎疾患として、糖尿病、静脈うっ滞、肥満、喫煙、偏った⽣活習慣、足白癬の合併などが伴う場合が多く、生活習慣が改善しない患者は再発を繰り返します。⼊院治療では安静とともに局所処置、抗生物質の全身投与を行います。抗⽣物質はその選択に注意を払い、漫然と広範囲スペクトラムの薬剤は最初からは使⽤せずβラクタム系抗⽣物質の使⽤を主に⾏います。⾎液培養を⾏い耐性菌が検出された場合や重症の壊死性筋膜炎では、迅速に適応薬剤に変更します。多くの場合、⼊院期間は軽傷では約1〜2週間です。
  2. 帯状疱疹。近年の新規抗ウイルス薬の効果は⾼く、帯状疱疹は基本的に外来通院で内服薬や外⽤薬で加療できます。しかし免疫不全や糖尿病などの基礎疾患がある場合や、顔⾯など整容的に問題のある部位に⽣じた帯状疱疹については、約1週間の⼊院加療を⾏い抗ウイルス薬の点滴投与を行います。
  3. 水疱症:尋常性天疱瘡、水疱性類天疱瘡などの自己免疫性水疱症は高齢者に多い経過の長い皮膚疾患です。重症では全身に水疱が拡大し皮膚が欠損した部位から体液の漏出や感染の併発など全身に影響する場合があります。基本的にはステロイド剤の全身投与と局所軟膏処置で治療しますが、状況によってはステロイドパルス療法や、ガンマグロブリン大量療法、腎透析科に依頼し血漿交換療法などを入院で行う場合があります。
  4. 紅斑症:皮膚の炎症疾患(湿疹・皮膚炎群)で入院する場合の総称です。アトピー性⽪膚炎、全⾝湿疹や薬疹など原因疾患は多岐にわたります。局所軟膏処置とともに抗アレルギー剤や免疫抑制剤や、状況によってはステロイド剤の全身投与を併用します。環境要因が関与する場合は転地目的で入院していただく場合もあります。
  5. 糖尿病足病変:糖尿病患者の増加とともに難治性の足病変は増加しています。糖尿病患者は様々な合併症が併存しており、治療は院内各科と連携して行う必要があります。当院では足壊疽対策チームがあり、担当各科と連携しながら糖尿病足病変の療を行う体制作りを進めております。入院される場合は合併症によりその担当科での入院になります。しかし患者が、喫煙や飲酒、食生活などの生活習慣改善や節制ができない場合は、状況によっては再発悪化を繰り返し治療が奏功せず足切断に至る場合はあります。

 

 

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:0-副病:なし 206 2.23 2.49 0.00% 71.29
110070xx0200xx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 170 5.58 7.07 0.59% 74.65
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍-前立腺悪性腫瘍手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 98 12.13 12.18 0.00% 70.21
11012xxx020x0x 上部尿路疾患-経尿道的尿路結石除去術-処置1:なし-処置2:0-副病:なし 88 6.76 5.61 2.27% 66.66
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等-経尿道的前立腺手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 73 7.63 8.52 0.00% 75.58

 

 当科では尿路性器癌(前立腺癌、膀胱癌、腎盂尿管癌、腎癌、精巣癌等)、前立腺肥大症、副腎腫瘍、尿路結石症、尿路通過障害、尿路感染症、小児ならびに婦人泌尿器科疾患等の治療を行っています。 入院患者の多くは手術を受ける患者さんであり、手術のほとんどは腹腔鏡等の内視鏡で行い、最近ではダヴィンチというロボットを使用しての手術も行っています。現在までに2,000件以上の腹腔鏡手術を行っており、スタッフの多くは腹腔鏡技術認定医で、安全で確実な手術を実践しています。

 当科入院患者数の最も多いのは前立腺癌の手術です。これは前立腺全摘除術といって多くは開腹手術で行われていた手術です。ただ当科では2000年1月より全国に先駆け腹腔鏡手術を開始し、2014年2月からはダヴィンチというロボットを用いた腹腔鏡手術を始めています。腹腔鏡手術では850件、ロボットを用いた手術は現在までに約650件と計1,500件以上の手術を行ってきました。その経験もあり2時間程度の手術時間で、ほとんど出血のない手術が可能となりました。治療成績も開腹手術と比べても遜色ありません。現在は、神経温存手術を積極的に行っており、その影響か尿失禁も以前の腹腔鏡手術より大幅に改善しています。またこれらの実績が評価され2015年7月からはダヴィンチの見学施設に認定されています。現在では、腎部分切除術もロボットを用いて行っており、従来なら腎臓を摘出していたような方にも部分切除で腎を温存する事が可能になってきました。

 次に、膀胱癌ですが、ほとんどはTURという内視鏡の手術で行っています。なるべく膀胱は温存しようと考えていますので、膀胱全摘除術は年に10件前後とそんなに多くはありません。ただ膀胱全摘除術する場合にも、ロボットを使用した手術を行っています。手術時間は開腹手術と変わらず、出血量は少なく、術後の回復も早い非常にメリットの多い手術です。膀胱を摘出した場合には、腸管を使って尿路変更を行います。従来は小切開による開腹手術で行っていましたが、現在は、この手術もロボットを用いて体内で行う様にしています。

 尿路結石に対しては内視鏡を用いレーザーで砕石を行っています。前立腺肥大症に対しても内視鏡的にレーザーを用いたHoLEPという治療を導入しています。

 前立腺肥大症や前立腺癌の方には鼠蹊ヘルニアを合併する場合が多く見られます。このような方にもメッシュプラグを用いた手術を行っています。

 以上のような外科的な治療だけではなく抗がん剤や分子標的薬、オプジーボのような薬剤を用いた化学療法も行っており、膀胱癌を始めとする尿路上皮癌や前立腺癌、腎癌、精巣腫瘍に対して行っています。

 

 

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし 179 9.25 9.59 0.56% 70.93
040110xxxxx0xx 間質性肺炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 169 15.72 18.84 1.78% 73.00
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 128 3.60 3.34 0.78% 72.34
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 128 15.45 20.84 8.59% 81.23
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 60 10.48 14.62 16.67% 75.22

 

 呼吸器内科では、肺癌に関する入院が1位、3位、5位を占めています。肺癌の診断や治療には⾼度の専門的診療を要するため、当科への紹介が多い疾患となっています。

 具体的には、1位は、肺癌診断後の内科的治療の中⼼である化学療法(いわゆる抗がん剤)を行うための入院です。

 3位は、肺癌診断のための検査⼊院(主に気管支鏡検査)です。この検査とその結果により治療⽅針を決定していきます。

 5位は肺癌に伴う様々な病状による⼊院となっております。

 2位は、当科の特徴である間質性肺炎に関連する入院です。間質性肺炎の診断、治療、ケアにおきましても、専門性の高い知識と経験を要するため、奈良県内外からの紹介が多くなっております。

 4位には、⾼齢化社会を反映しての誤嚥性肺炎が入っています。患者数も多いですが、同一患者さんが繰り返し発症することもあり、当科の入院数は今後も増える見込みです。

 

 

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈-経皮的カテーテル心筋焼灼術-処置1:0-処置2:なし-副病:0 306 5.45 5.02 0.00% 65.63
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし-副病:なし 211 7.03 4.40 1.42% 71.47
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 154 16.46 17.71 7.14% 82.62
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 135 3.58 3.01 0.00% 69.95
050210xx97000x 徐脈性不整脈-手術あり-処置1:なし、1,3あり-処置2:なし-副病:なし 97 13.03 10.80 4.12% 77.75

 

 生活様式の欧⽶化や⾼齢化にともない、動脈硬化性疾患(⼼⾎管系疾患、脳⾎管障害など)は増加しています。その中でも狭⼼症・⼼筋梗塞などの虚⾎性⼼疾患や、⼼臓に⽣じるリズムの異常である不整脈が増えています。また⾼齢化社会到来に伴い⼼不全による⼊院も増加しています。当科では虚⾎性⼼疾患に対する冠動脈造影検査や冠動脈狭窄病変に対する経⽪的冠動脈形成術、そして不整脈へのアブレーション治療を数多く⾏っています。それぞれについて簡単に説明します。

  1. ⼼房細動経⽪的カテーテル⼼筋焼灼術施⾏
     正常な⼼臓は安静時には1秒間に約1回のペースで規則正しく収縮していますが、⼼房細動とはそんなリズミカルな拍動が失われる代表的な不整脈です。⼼房細動は⾼齢化とともに急速に増加している不整脈です。⾃覚症状として脈の乱れ、動悸、胸部不快があります。放置すると⼼臓の中に⾎栓ができて、脳梗塞などの⾎栓症の原因となります。最近では⼼房細動もカテーテル・アブレーションで治療可能となっています。⾼齢の⽅でも症状の強い場合は治療を⾏います。カテーテル・アブレーションは、カテーテルという管を⼼臓内に⼊れて、不整脈の原因となっている部分に通電を加えて焼灼する治療法で、技術・器具の進歩もあり治療成績が向上しています。
  2. 狭⼼症経⽪的冠動脈ステント留置術施⾏
     ⼼筋を養う冠動脈の内腔が狭くなって、⼼臓の筋⾁に⼗分な⾎液が流れなくなる病気を狭⼼症といいます。⼼臓に必要なだけの栄養と酸素が不⾜すると、⼼筋は正常に働けなくなります。この時に患者さんは胸が締め付けられるような痛みを感じます。これが狭⼼症の発作です。この流れが悪くなった冠動脈を内側から拡張し⾎流を改善する⽅法に冠動脈ステント留置術があります。ステントは拡張することができる網⽬状の⼩さな⾦属製の筒です。ステンレススチールやコバルト合⾦などの⾦属でできています。⼩さなバルーンに取り付けたステントを冠動脈内で拡張し動脈硬化で狭窄を⽣じた⾎管壁に押しつけて拡張し⾎流を回復します。狭⼼症に代表される虚⾎性⼼疾患の治療として確⽴した⽅法で、循環器内科でも多くの患者さんに治療を⾏っています。
  3. 狭⼼症⼼臓カテーテル法施⾏
     狭⼼症は虚⾎性⼼疾患の代表です。虚⾎性⼼疾患の診断を正しく⾏い治療⽅針をたてるためには冠動脈の状態を正確に評価することが大切です。その⽅法が⼼臓カテーテル法です。冠動脈ステント留置術やバイパス⼿術の適応を判断するためには必須の検査法です。虚⾎性⼼疾患の増加にともない、この検査のための⼊院件数も増加しています。
  4. ⼼不全による⼊院への検査・治療
     ⼼不全は、⼼臓のポンプとしての働きが低下し、腎臓や肝臓を含めた主要な臓器に⼗分な⾎液を供給することができなくなり、また肺や全⾝に⾎液が滞る状態(うっ⾎)をいいます。⼼不全の主な原因としては、弁膜症や⾼⾎圧、⼼筋梗塞あるいは⼼筋症、不整脈といった疾患があります。⼼不全を悪化させないためには、原因を解明するための検査を⾏い、適切な治療や対策を早期に⾏うことが重要です。
  5. ペースメーカー移植術
     現時点で徐脈性不整脈を安全かつ確実に治す内服薬はありません。ペースメーカーは⼼臓の筋⾁に電気刺激を与えることで、⽣体に必要な⼼収縮を発⽣させる医療機器です。弱ってしまった⼼臓の電気システムの⼀部を機械に代⽤してもらうペースメーカーが最も安全で確実な治療法となります。

 

 

腎透析科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-動脈形成術、吻合術 その他の動脈等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 43 5.79 8.48 0.00% 68.26
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:1あり-副病:なし 22 10.82 14.23 0.00% 68.32
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし 15 10.87 8.99 0.00% 68.27
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 11 11.09 11.67 0.00% 69.45
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-動脈形成術、吻合術 その他の動脈等-処置1:0-処置2:1あり-副病:0 36.04

 

 当科は慢性腎不全患者さんの血液透析導入およびシャント作成、シャントトラブル対応、腹膜透析導入、腹膜透析関連合併症を中心に診療を行っています。

 内シャント作成は自己血管、人工血管両方の手術に対応しており、他院で血液透析中の方で内シャントの狭窄、閉塞、などのトラブルが発生した症例も県内広域よりご紹介いただき、日帰り手術として経皮的血管拡張術を行っています。

 また、当院では腹膜透析から透析を導入する方法が慢性腎不全患者さんの生命予後に資するという考えのもと積極的に腹膜透析の導入を行っており、腹膜透析症例は県内随一で、関連合併症に対する治療症例が多くなっています。

 入院症例では、すでに腹膜透析用カテーテルを留置した患者さんの、ニ期的な腹膜透析の導入、または腹膜炎などの腹膜透析合併症治療や、人工血管内シャントや自己血管内シャント造設目的の入院、シャントをすでに作成しており、血液透析を導入する症例、血液透析用のシャント狭窄や閉塞に対し入院治療する症例、腹膜透析カテーテルの留置術を行い、一期的に腹膜透析を導入する症例等となっております。

 手術では1位は自己血管による内シャント造設術、2位は人工血管による内シャント造設術、3位は腹膜透析カテーテル留置術、4位は感染した人工血管内シャントの抜去手術および、人工血管を吻合していた動脈を形成する手術です。

 

 

内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)-手術なし-処置1:0-処置2:1あり-副病:なし-85歳未満 71 13.32 13.72 1.41% 66.70
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:0-副病:なし 30 4.50 6.24 0.00% 54.30
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-85歳未満 29 9.38 10.84 0.00% 63.28
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 12 15.50 13.41 8.33% 58.00
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)-手術なし-処置1:0-処置2:1あり-副病:なし-85歳未満 14.10

 

 内分泌内科の専⾨領域は糖尿病や脂質異常、そして甲状腺をはじめとする内分泌臓器の機能異常などを含む内分泌・代謝疾患です。生活習慣病や慢性疾患に類する疾患が中⼼であることから外来診療が中⼼となります。

 ⼊院症例の大多数を占めるのは、2型そして1型糖尿病の⾎糖コントロールや合併症治療(糖尿病ケトアシドーシス、⾼⾎糖⾼浸透圧症候群、感染症)、そしてインスリンポンプを含む種々のインスリン治療の導⼊や調整を⽬的とした⼊院です。この中には、外科系診療科の術前コントロールあるいは化学療法等で使⽤するステロイドホルモンによる⾼⾎糖に対する治療も含まれます。1〜2週間の⼊院中に、糖尿病療養指導⼠(CDE)の資格をもったスタッフを中⼼に糖尿病⾃⼰管理教育と療養指導が⾏われます。

 最近は、⾼⾎圧の原因として副腎腫瘍による原発性アルドステロン症の位置づけが大きくなっており、副腎機能評価や静脈サンプリングを含めたパス⼊院が増えています。

 

 

救急診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 14 13.14 20.84 21.43% 84.14
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:0 10 1.70 3.29 0.00% 41.70
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 12.58
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒)-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 3.52
0400801499×002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア2 15.17

 

 当院の救急外来は、⼀次救急(外来レベルで治療可能な症例)、⼆次救急(⼊院治療や⼿術が必要な症例)、三次救急相当例(心筋梗塞、脳卒中、心肺停止など極めて専⾨的な治療が必要な症例(多発外傷・広範囲熱傷などの症例を除く))をすべて受け⼊れています。

 救急外来を受診、⼊院が必要と判断された場合の多くは、各専⾨診療科の⼊院となりますが、感染症、薬物中毒の症例は、救急診療科⼊院となる場合があります。

 救急診療科⼊院で最も多いのは誤嚥性肺炎、ついで尿路感染症となっており、肺炎を合わせると、感染症がかなりの割合を占めることになります。尿路感染症は、腎盂腎炎や膀胱炎などを含みます。 呼吸器感染症、尿路感染症とも、抗菌薬で治療を⾏います。

 誤嚥性肺炎は細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで⽣じる肺炎のことで、⾼齢者に多くみられます。⾼齢の症例が多いため、⼊院期間が⻑くなりがちですが、全国平均と⽐べ当院での在院⽇数はかなり短いといえます。これは、⼊院初期から積極的に地域連携室が関わって、退院後の⽅針を本⼈・ご家族と相談して決めていく体制が整っていることと、早期からリハビリを⾏うようにしていることによるものと考えられます。

 薬物中毒に関しては、状況により精神神経科の併診を⾏うことにより、再発の予防も⼼がけています。

 

 

血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 90 13.07 15.79 0.00% 71.03
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫-手術あり-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 56 28.93 31.30 5.36% 70.30
130010xx97x2xx 急性白血病-手術あり-処置1:0-処置2:2あり-副病:0 36 41.67 39.36 0.00% 50.22
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫-手術なし-処置1:0-処置2:3あり-副病:なし 20 8.35 16.50 0.00% 69.20
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫-手術あり-処置1:0-処置2:3あり-副病:0 15 30.27 32.20 0.00% 65.27

 

 ⾎液内科は、⾎液のがん(急性⽩⾎病、慢性⽩⾎病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫)、造⾎不全または難治性の貧⾎(再⽣不良性貧⾎、骨髄異形成症候群の⼀部)、⾎⼩板減少症(特発性⾎⼩板減少性紫斑病)などの⾎液疾患の診療を担当します。

 ⾎液のがんは「造⾎器腫瘍」ともよばれ、抗がん剤を⽤いた化学療法が奏功します。最も多い疾患は悪性リンパ腫です。悪性リンパ腫は、ホジキンリンパ腫と⾮ホジキンリンパ腫に分類され、後者はさらにB細胞性とT細胞性に分類されます。⼀⽅、低悪性度・中悪性度・⾼悪性度の3段階に分類したり、リンパ臓器に発⽣する「節性」とリンパ臓器以外に発⽣する「節外性」に分類したりします。これらの分類と、ポジトロンエミッショントモグラフィーを⽤いた病期診断に基づいて治療法を決定します。最も頻度の⾼い中悪性度B細胞性リンパ腫ではR-CHOP療法(リツキシマブ、シクロフォスファミド、アドリアマイシン、オンコビン、プレドニンの5剤の併⽤療法)、低悪性度B細胞性リンパ腫ではBRまたはBG療法(ベンダムスチン、リツキシマブまたはオビヌツズマブの2剤)を選択します。これら化学療法の第1サイクルは⼊院で実施しますが、第2サイクル以降は外来化学療法室で実施します。ご⾼齢の患者さんには投与量を減量します。⾼悪性度リンパ腫には多剤を短期間に集中投与する治療法を実施します。中枢神経再発予防のために⾼⽤量のメトトレキセートを投与することもあります。再発・難治性や⾼リスクの患者さんには、⾃家造⾎幹細胞移植を併⽤した⾼⽤量化学療法を実施します。

 次に頻度の⾼い疾患は急性⽩⾎病です。急性⽩⾎病は骨髄性⽩⾎病とリンパ性⽩⾎病に分類されますが、成⼈では前者が大半です。近年では、骨髄異形成症候群から進展するタイプや、過去の抗がん剤治療や放射線治療が原因で発症する治療関連⽩⾎病が増えています。急性⽩⾎病の治療は、寛解導⼊療法と地固め療法によって⽩⾎病細胞を根絶することを⽬標にします。抗がん剤は点滴投与しますが、⼀部の病型では内服薬を併⽤します。治療によって寛解状態に⾄れば、造⾎は回復し、⽇常⽣活・社会⽣活に⽀障をきたすことはありません。治療期間中はクリーンルームに収容し、感染症管理・治療などの補助療法を合わせて実施します。⼀⽅、⽩⾎病細胞が多くない場合やご⾼齢の患者さんにはアザシチジンが奏効することがあります。急性⽩⾎病の再発リスクの⾼い患者さんや、第2寛解期の患者さんに対しては、同種造⾎幹細胞移植を実施します。移植ドナーは⾎縁者、⾮⾎縁者(骨髄バンク)、臍帯⾎から選択します。従来、移植ドナーはヒト⽩⾎球抗原(HLA)が適合する必要がありましたが、今⽇ではHLA半合致の⾎縁ドナーからも安全に移植することができます(ハプロ移植とよばれます)。同種造⾎幹細胞移植は、⾎液内科医師だけでなく、全⾝放射線照射を担当する放射線科医師・技師、⽇々の看護業務を担当する看護師、免疫抑制剤や抗⽣物質の調整を担当する薬剤師、社会復帰に向けて⾝体能⼒の向上を担当する理学療法⼠、⾎液検査や造⾎幹細胞の保存を担当する検査技師などの多職種の協⼒がなければ成り⽴ちません。当院では、造⾎幹細胞移植治療にかかわる医療者と定期的なカンファレンスを⾏い、質の⾼い医療を実践することを常に全員が⼼がけています。

 多発性骨髄腫は、免疫グロブリンを産⽣する形質細胞ががん化した疾患で、貧⾎、骨病変、腎障害、⾼カルシウム⾎症などの多彩な症状をきたします。近年、本疾患に対する新薬が次々に開発されました。初発の患者さんには、主に、ボルテゾミブ、レナリドミド、デキサメサゾン、ダラツズマブから、2剤または3剤を組み合わせた治療法を選択します。65歳以下の患者さんには⾃家造⾎幹細胞移植を併⽤して⾼⽤量のメルファランを投与します。再発・治療抵抗性の患者さんには、ダラツズマブ、エロツズマブ、ポマリドミド、カルフィルゾミブ、イキサゾミブ、パノビノスタットが承認されています。これらの治療によって、多発性骨髄腫の治療成績は著しく向上しています。

 

 

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:0-副病:なし 230 2.23 2.63 0.00% 69.73
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 159 11.21 9.79 3.77% 75.16
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍-内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:なし-副病:0 149 8.79 8.27 0.00% 72.99
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし 59 7.03 9.34 0.00% 69.17
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)-肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 45 5.40 8.03 0.00% 75.29

 

 大腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除術の⽬的は、前癌病変および早期癌の低侵襲治療です。内視鏡を⾏うことで大腸癌を早期あるいは前癌状態で発⾒し、2⽇程度の⼊院で治療を⾏っています。また、胃の悪性腫瘍に対する内視鏡的切除も同様に低侵襲な処置ですが、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を⾏うことで径数㎝にも及ぶ大きな病変を外科⼿術することなく根治することが可能です。こちらは1週間程度の⼊院が必要となります。

 胆管結⽯や胆管炎は以前から多い疾患ですが、⾼齢化とともに有病率が上昇しています。結⽯の周囲に細菌が増殖して重篤になると致命的となりうる疾患ですが、適切な時期に内視鏡を挿⼊し、チューブを留置あるいは結⽯を除去することで、低侵襲で速やかに病態の改善を実現しています。

 食道の悪性腫瘍に対する治療は、手術、抗癌剤、放射線治療が中心となりますが、他の消化器臓器と異なり胸部にあることから手術侵襲が比較的大きくなること、放射線治療の効果が高いことから、放射線化学療法を選択する症例も多くなっています。当院では、内科・外科・放射線科が討議の上で患者さんに最良と思われる治療法をご提案しています。肝の悪性腫瘍に対するラジオ波焼灼療法(RFA)は、大きさ、数などの条件を満たせば外科的な肝切除と同等の治療効果が得られる低侵襲治療です。

 肝発癌のリスクの⾼い⼈に対して定期的な画像検査を⾏って、癌をできるだけ⼩さな状態で発⾒・診断し、可能な⽅にはこの低侵襲治療を⾏っています。なお、肝の悪性腫瘍に対する治療⽅針も、院内各科のメンバーが一堂に会し、討議の上で患者さんに最適な治療法を選択しています。

 

 

総合内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 76 24.97 15.48 14.47% 66.50
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 60 19.13 20.84 21.67% 86.73
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 49 15.84 12.58 12.24% 82.33
080010xxxx0xxx 膿皮症-処置1:なし-処置2:0-副病:0 28 14.39 12.55 3.57% 68.32
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:0 23 14.17 20.93 0.00% 68.17

 

 総合内科では、各専門内科でカバーしきれない疾患ないし病態も範囲として診療しています。その中で当科での入院の上位から5位までの疾患は以下の通りです。

  1. 自己免疫疾患
  2. 誤嚥性肺炎
  3. 尿路感染症
  4. 膿皮症
  5. ネフローゼ症候群

 総合内科への入院で、最多の疾患は⾃⼰免疫疾患、いわゆる膠原病として⼀般に呼ばれる疾患です。全⾝性エリテマトーデス、関節リウマチ、多発性筋炎、全⾝性⾎管炎、強⽪症などが具体的な疾患名です。奈良県下では、これらの疾患の診療を展開する病院が少ないなか、数少ない専門医療機関の⼀つとなっています。

 第2の疾患の肺炎です。肺炎は、悪性腫瘍、⼼不全についで死亡原因の3位となっています。70歳以上の⾼齢者では、その原因の多くは誤嚥性肺炎です。尿路感染症、蜂窩織炎、化膿性椎体炎とならんで、⾼齢者で多くみられる感染性疾患の1つです。総合内科では、これらの疾患に対して適切に治療を⾏っています。

 第3番目は、尿路感染症です。⾼齢者の発熱や炎症性疾患では、肺炎についでよく⾒られる疾患です。悪寒、戦慄をきたし高熱の原因となります。

 第4番目は、皮膚膿皮症です。手指、足趾などの傷から菌が侵入し、皮膚に感染を惹起する疾患です。蜂窩織炎とも呼ばれ、肺炎、尿路感染症とならび、高齢者でよく見られます。

 第5番目の疾患であるネフローゼや腎炎などの腎疾患も、当院では総合内科が担当しています。必要であれば、腎組織を腎⽣検で確かめて、疾患の種類に応じた診療を展開しています。

 

 

乳腺外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 76 9.38 10.34 0.00% 60.53
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)-処置1:0-処置2:なし-副病:0 36 6.00 6.10 0.00% 63.17
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0 14 4.36 3.94 0.00% 48.57
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 6.48
070041xx97x00x 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。)-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 9.74

 

 1位から4位はすべて乳癌や乳腺の良性腫瘍に対する⼿術に伴う⼊院のものです。化学療法などの薬物療法、乳房温存療法での放射線治療などはほぼすべてが外来通院で⾏われます。乳癌には様々なタイプがあり、それに応じた適切な治療を⾏う必要があります。乳癌の治療成績は年々向上しており、全体としては10年⽣存率が85%程度になっています。標準治療が普及している⼀⽅で、患者さんの年齢や合併症、ライフスタイルや価値観などに合わせたより質の⾼い医療が求められる時代となっています。

 乳腺外科では乳腺疾患(主に乳癌)に対して、専⾨性の⾼い医療を提供できるように⼼がけています。20年前から乳腺外科医、放射線診断医、放射線治療医、形成外科医、病理診断医、細胞検査師、放射線科技師、臨床検査部技師など多職種で形成されるCancer boardを編成しています。毎週カンファレンスを⾏い、すべての患者対して適切な診断や治療⽅針を検討しています。

 

 

小児循環器科・先天性心疾患センター

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上)-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 4.18
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 17.71
14031xx004x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上)-経皮的肺動脈形成術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 5.87
04026xxx9903xx 肺高血圧性疾患-手術なし-処置1:なし-処置2:3あり-副病:0 20.39
050070xx99000x 頻脈性不整脈-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 7.56

 

 当院は開院以来50年以上に渡り小児循環器疾患の診療に当たっておりますが、近年は「先天性心疾患センター」を設置し、小児から成人期にかけたあらゆる年齢の先天性心疾患を持つ患者さんに対し、一貫性のある治療戦略、地域連携の強化などを心がけつつ、診療に当たっております。

 このような流れもあり、先天性心疾患で通院される当院の患者さんには、成人の方の割合が大変多くなっております。こうした患者さんの中には、手術等の治療によりほぼ「根治」した状態にある方もおられますが、様々な問題の遺残を抱える方も多く,そうした方は年齢とともに心不全、弁膜症、肺高血圧、不整脈他の循環動態の問題が顕在化してきます。今回もそうした成人患者さんの状態悪化による治療および検査の入院の割合が多くなったこと、また当科が積極的に不整脈治療に携わる様になったことから治療を要する不整脈の患者さんが増えたことから、このような入院患者さんの分布となったものと推察されます。

 実際1、3、5位については、小児症例、成人症例が混在しており、小児に対するカテーテル治療も適応あれば積極的に行っておりますが、2、4位は全て成人症例でした。

 

 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 167 10 39 37 21 64 1 8
大腸癌 47 41 57 31 7 37 2 8
乳癌 42 46 13 5 0 23 1 8
肺癌 183 40 114 72 65 345 1 8
肝癌 24 20 14 10 1 102 2 6

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 胃癌は検診で発見されるものの多くがStageⅠであり、各病期中最多です。内視鏡手術で切除できるものが多いのも特徴です。

 大腸癌も 検診発見例が多いですが、胃癌に比べると早期例が目立って多いわけではありません。胃癌と同様に内視鏡的切除手術の適応が拡大しています。

 乳癌は自己発見も容易なため、早期の段階で治療がなされています。 肺癌患者数はStageⅠとStageⅣに大きく分かれています。検診発見例はStegeⅠが多く、症状で発見例はStageⅣが多いためです。検診が重要な癌です。

 肝癌は初発例よりも再発例の方が際立って多いことが特徴です。これは、肝癌が慢性肝炎や肝硬変に合併して起こることが多く、このような肝臓は癌を発生しやすくなっているためです。治療しても別の個所に再発することが多いです。血管塞栓術や薬物注入など、より侵襲の少ない方法を用いて根気よく治療を続けます。

 

 

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 24 10.13 61.04
中等症 102 12.29 74.53
重症 14 33.64 76.93
超重症 5 13.00 89.60
不明

 

 市中肺炎は中等症以上の患者さんが多く、かつ平均年齢が上がるほど重症度も上がります。これは市中肺炎の罹患率、死亡率の高齢化を反映しており、高齢化社会の重要な疾患です。当院では基礎疾患のある肺炎患者さんを数多く受け入れています。

 

 

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 357 24.06 75.89 45.43%
その他 26 15.62 69.31 1.83%

 

 発症3日以内の急性期脳梗塞の患者さんが多数を占めています。脳卒中ケアユニットを開設し24時間体制で診療にあたります。脳梗塞発症からの経過時間が基準を満たせば血栓溶解療法や血栓回収術などの血管内手術を積極的に行います。これにより、症状の軽減、早期の復帰を目指しています。また、発症予防の血管内ステント留置も行います。

 

 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

 

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 11 0.00 4.73 0.00% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度)
K745 肛門周囲膿瘍切開術

 

前述、診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)のとおりです。

 

 

消化器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 146 1.19 5.74 2.05% 65.39
K6335 鼠径ヘルニア手術 114 0.40 1.37 0.88% 67.54
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 74 4.20 10.35 0.00% 72.77
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 63 0.29 3.75 0.00% 41.68
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) etc. 47 3.34 13.68 2.13% 71.66

 

 胆嚢結石症は、胆石発作や胆管炎などを起こした場合、手術適応となり、精査の後、待機的に腹腔鏡下胆嚢摘出術を行います。また急激な腹痛で急性胆嚢炎と診断された場合には、炎症早期に緊急手術を行う方針としております。胆嚢摘出術は多くの場合、まずは腹腔鏡で切除に向かいますが、腹腔内の癒着が高度である場合や、炎症が強く、大事な構造物が存在する肝門部の剥離操作が困難な場合には開腹手術に移行いたします。

 鼠径とは、足のつけね(鼠径部)のこと、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態を示しており、鼠径ヘルニアとはいわゆる脱腸のことであります。鼠径ヘルニアを放置すると時に腸がはまりこんで抜けない状況になることがあり、腸閉塞や、腸管虚血壊死に至ってしまうことがあります。鼠径ヘルニアと診断された場合、放置しても治ることはありませんので、手術をお勧めします。最近は従来法に加え、腹腔鏡を用いた手術方法も多く行っております。

 結腸癌・直腸癌を含めた大腸癌は早期癌・進行癌ともに年々増加しています。当院では毎週内科・外科でカンファレンスを行い、大腸癌治療のガイドラインに基づいて適切な治療⽅針を決めています。切除に関しては腹腔鏡下での切除を基本としており、予後改善を目的に、外科手術のみならず術前術後の化学療法を加えた集学的治療を行っております。

 虫垂炎は臨床症状、採血data、CTや腹部超音波などの画像診断で診断されます。発症から時間が経過し膿瘍形成しているため、切除にいった場合、大腸を切除しない可能性が高い場合などは、一旦、抗生剤治療を行い、待機的手術を後日行う方針となりますが、それ以外の症例の多くは、緊急手術となります。多くは腹腔鏡手術で行いますが、腹腔内の状況によっては開腹手術となります。

 胃癌は、大腸癌と同様に、毎週内科・外科で行う合同カンファレンスで、胃癌治療のガイドラインに基づいて適切な治療⽅針を決めています。切除は、腹腔鏡を用いた手術を基本としており、最近は、噴門側胃切除やロボット手術についても積極的に取り入れております。集学的治療としての術後化学療法についても外科で行っております。

 

 

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) etc. 81 1.65 15.56 88.89% 73.59
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 44 2.02 21.05 36.36% 71.20
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 23 1.74 19.87 13.04% 63.65
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 22 2.68 19.64 63.64% 71.09
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 22 5.27 17.41 31.82% 73.86

 

 主に頚椎、腰椎など脊椎疾患の除圧固定手術、人工股関節置換術、人工膝関節置換術、大腿骨近位部骨折に対する骨接合術、人工骨頭挿入術を行っています。

 

 

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 33 1.42 6.21 0.00% 80.24
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 18 1.11 2.28 0.00% 71.50
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 11 1.27 3.27 0.00% 51.64
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満)
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上)

 

 当科では顔面骨・手外傷、体表・顔面先天異常、瘢痕、皮膚・軟部組織良悪性腫瘍、がんなどの手術後の再建、皮膚潰瘍、眼瞼下垂症など幅広く診療しています。症状、根治率、患者さんの希望を考慮して可能な限り侵襲性を少なくしながら、最大限の結果が得られるように手術を行っています。

 また再建術に際しては、機能と外観両方を正常な状態に近づけるように種々工夫をしています。眼瞼下垂症は挙筋前転法、皮膚眼輪筋切除、吊り上げ術を症例に応じて使い分けています。乳房再建はシリコンインプラント、筋皮弁術両者に対応していますが、インプラントが保険適用になって以来多くの患者さんがインプラントを希望されるようになり、インプラントによる再建が右肩上がりになっています。良性腫瘍、悪性腫瘍切除は根治と低侵襲を両立できるよう最大限の努力をしています。再建には各種皮弁、植皮など最も機能的、外観的に優れたものを選択しています。

 なお当科では自費での美容外科診療は行っておりません。

 

 

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 53 0.02 27.55 62.26% 78.36
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 31 0.16 4.52 12.90% 83.10
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 31 3.13 16.52 22.58% 76.32
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 22 1.36 31.32 36.36% 70.59
K1781 脳血管内手術(1箇所) 21 2.95 43.10 4.76% 68.05

 

前述、診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)のとおりです。

 

 

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) etc. 87 1.45 7.98 0.00% 71.57
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 62 1.39 4.40 0.00% 69.29
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 40 1.48 6.63 0.00% 72.48
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 14 4.21 3.64 0.00% 41.86
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 11 1.82 3.46 0.00% 66.18

 

前述、診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)のとおりです。

 

 

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 27 4.07 17.74 11.11% 78.11
K5551 弁置換術(1弁) 26 4.23 30.73 3.85% 71.23
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他)) 25 3.56 21.28 4.00% 71.00
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 21 7.10 26.43 14.29% 69.14
K5602 大動脈瘤切除術(弓部) 15 2.47 32.87 6.67% 68.80

 

⼼臓⾎管外科におきまして最も多い症例は胸部および腹部大動脈瘤(真性および解離性)に対する手術であります(第1,3、5位)。解剖学的適応、年齢及び全身状態を考慮してステントグラフトによる血管内治療か開腹もしくは開胸による人工血管置換術を選択することとなります。

 この中でも、対象患者の超高齢化に伴い、大動脈瘤に対する開胸もしくは開腹手術が困難な症例が増加しており、低侵襲であるステントグラフトの需要が増えたものと考えられました。次に多い症例は手術を要する弁膜症となっております。

 前述の動脈瘤症例と同様に高齢者を中心として手術治療を必要とする弁膜症症例は増加傾向にあり、大動脈弁狭窄症においては生体弁による⼈⼯弁置換術を、僧帽弁閉鎖不全症においては僧帽弁形成術を⾏っております。

 最後に多い症例は狭心症・心筋梗塞に対する冠動脈バイパス手術であります。この術式においても低浸襲を基本とし全症例で心拍動下でのバイパス手術が可能となっており、手術適応患者の拡大につながっているものと考えられます。

 

 

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 etc.  74 1.42 4.73 0.00 49.62
K867 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 66 1.71 5.12 0.00 48.48
K867 子宮頸部(腟部)切除術 30 1.13 1.47 0.00 38.33
K877 子宮全摘術 29 2.17 8.38 0.00 50.10
K861 子宮内膜掻爬術 22 1.32 0.36 0.00 48.86

 

婦人科手術のうち、良性腫瘍の⼿術では従来は開腹⼿術が⾏われてきましたが、近年ではその多くの症例が子宮腫瘍、卵巣腫瘍ともに腹腔鏡手術やロボット補助下の腹腔鏡手術(ダビンチ手術)で行われるようになっています。しかしながら、腹腔鏡手術には限界もあるため、安全性を考慮し一定数の症例には開腹手術が行われています。また、⼦宮頸がんの前がん病変の早期発見により⼦宮を温存した⼦宮頸部切除術が多く実施されるとともに、子宮体がんやその前癌病変である異型増殖症の正確な診断のための子宮内膜掻爬術が行われています

 

 

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 1031 0.88 1.82 0.10 73.75
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 281 1.17 5.77 0.0 67.94
K2683 緑内障手術(濾過手術) 108 1.16 5.42 0.00 73.37
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 105 0.81 7.62 0.00 65.55
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 72 1.04 4.90 0.00 70.22

 

眼科で最も多く⼿術をしているのは、⽩内障⼿術です。⼊院や⽇帰りで⼿術を⾏っています。極⼩切開で⼿術を⾏い、術後乱視を軽減しています。乱視矯正眼内レンズ(トーリックレンズ)も⾏なっています。保険適応の多焦点眼内レンズも採用しています。

緑内障⼿術も積極的に⾏なっています。繊維柱帯切開術や切除術だけでなく、低侵襲緑内障⼿術(MIGS)も多く⼿術をしています。緑内障の程度などにより適応を決定しています。

⻩斑疾患への⼿術も多く施⾏しています。⻩斑前膜、⻩斑分離症、⻩斑円孔、硝⼦体⻩斑牽引症候群など様々な⻩斑疾患に対して⼿術を⾏なっています。

難治性の増殖性糖尿病網膜症も積極的に手術を行い治療しています。

その他には、加齢⻩斑変性症、近視性脈絡膜新⽣⾎管、網膜⾎管閉塞症や糖尿病網膜症に伴う⻩斑浮腫への、抗VEGF療法も1600件を超えています。

網膜剥離への緊急⼿術も積極的に⾏なっています。網膜剥離の範囲にも依りますが、原則当⽇⼊院で対応しています。⻩斑疾患や網膜剥離への⼿術も低侵襲硝⼦体⼿術(MIVS)で⾏い、術後の早期視⼒回復を⽬指しています。

 

 

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 70 1.11 5.16 0.00% 59.67
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 59 1.12 5.73 0.00% 58.46
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 57 1.04 5.65 0.00% 22.63
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 53 1.08 5.51 0.00% 60.60
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 42 1.12 5.57 0.00% 55.24

 

 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型、甲状腺悪性腫瘍手術、甲状腺部分切除・甲状腺腫摘出術、鼓室形成術については前述、診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)のとおりです。

 咽頭・口腔領域では口蓋扁桃摘出術(アデノイド切除術)が最も多い手術であり、年間50~70件ほどの手術を行っています。当科では超音波メスなどのエナジーデバイスを用いて口蓋扁桃摘出術を施行しており、最近の平均手術時間15分程です。手術指導および手術支援機器の利用により手術時間が短縮され、低侵襲手術の実践が可能となっています。

 

 

放射線科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 11 1.00 3.55 0.00% 72.18
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術

 

前述、診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)のとおりです。

 

 

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 176 1.80 2.87 0.57% 74.71
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 97 2.27 8.85 0.00% 70.24
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 79 2.92 2.91 2.53% 66.96
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 50 2.34 5.60 0.00% 76.02
K6335 鼠径ヘルニア手術 33 1.70 2.39 0.00% 71.64

 

前述、診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)のとおりです。

 

 

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 262 1.36 3.81 0.00% 66.67
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 152 3.68 3.75 1.32% 72.24
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 97 3.55 5.00 2.06% 72.19
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 63 3.60 9.68 4.76% 77.67
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 53 0.91 2.94 0.00% 61.38

 

  • 狭⼼症経⽪的冠動脈ステント留置術施⾏(Kコード︓K5493)
    ⼼筋を養う冠動脈の内腔が狭くなって、⼼臓の筋⾁に⼗分な⾎液が流れなくなる病気を狭⼼症といいます。⼼臓に必要なだけの栄養と酸素が不⾜すると、⼼筋は正常に働けなくなります。この時に患者さんは胸が締め付けられるような痛みを感じます。これが狭⼼症の発作です。この流れが悪くなった冠動脈を内側から拡張し⾎流を改善する⽅法に冠動脈ステント留置術があります。ステントは拡張することができる網⽬状の⼩さな⾦属製の筒です。ステンレススチールやコバルト合⾦などの⾦属でできています。⼩さなバルーンに取り付けたステントを冠動脈内で拡張し動脈硬化で狭窄を⽣じた⾎管壁に押しつけて拡張し⾎流を回復します。狭⼼症に代表される虚⾎性⼼疾患の治療として確⽴した⽅法で、循環器内科でも多くの患者さんに治療を⾏っています。
  • ⼼房細動経⽪的カテーテル⼼筋焼灼術施⾏(Kコード︓K5951, K5952)
    正常な⼼臓は安静時には1秒間に約1回のペースで規則正しく収縮していますが、⼼房細動とはそんなリズミカルな拍動が失われる代表的な不整脈です。⼼房細動は⾼齢化とともに急速に増加している不整脈です。⾃覚症状として脈の乱れ、動悸、胸部不快があります。放置すると⼼臓の中に⾎栓ができて、脳梗塞などの⾎栓症の原因となります。最近では⼼房細動もカテーテル・アブレーションで治療可能となっています。⾼齢の⽅でも症状の強い場合は治療を⾏います。
    カテーテル・アブレーションは、カテーテルという管を⼼臓内に⼊れて、不整脈の原因となっている部分に通電を加えて焼灼する治療法で技術・器具の進歩もあり治療成績が向上しています。
  • 閉塞性動脈硬化症への四肢⾎管拡張術(Kコード︓K616)
    下肢を中⼼とする末梢動脈が動脈硬化のために細くなったり詰まったりしている病態が閉塞性動脈硬化症です。この⾎管の中に⾵船のついた管(バルーンカテーテル)を⼊れ、⾎管の狭窄や閉塞部でふくらませて、⾎管を拡張させる治療法が四肢⾎管拡張術です。
  • ペースメーカー移植術(Kコード︓K5972)
    現時点で徐脈性不整脈を安全かつ確実に治す内服薬はありません。ペースメーカーは⼼臓の筋⾁に電気刺激を与えることで、⽣体に必要な⼼収縮を発⽣
    させる医療機器です。弱ってしまった⼼臓の電気システムの⼀部を機械に代⽤してもらうペースメーカーが最も安全で確実な治療法となります。

 

 

腎透析科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 54 3.39 7.41 1.85% 68.67
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達する)(長径10cm以上)(その他)
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術

 

前述、診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)のとおりです。

 

 

血液内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) etc. 10 9.90 8.90 0.00% 72.20
K154-3 定位脳腫瘍生検術
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上)
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢)
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植)

 

 ⾎液内科は、⾎液のがん(急性⽩⾎病、慢性⽩⾎病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫)、造⾎不全または難治性の貧⾎(再⽣不良性貧⾎、骨髄異形成症候群の⼀部)、⾎⼩板減少症(特発性⾎⼩板減少性紫斑病)などの⾎液疾患の診療を担当します。診療に際し、正確に診断を行うことが重要であることは言うまでもありませんが、診断方法は多岐にわたります。とりわけ悪性リンパ腫の場合、病変部位を外科的に採取し病理組織像を検討することが重要になります。リンパ節摘出術に加え、脳に病変がある場合は定位脳腫瘍生検術により病変を採取しています。診断の結果。治療が必要な場合、多くの場合で血管確保と呼ばれる点滴ラインを確保すること重要になります。これは造血器腫瘍(血液のがん)に対する抗がん剤投与の目的だけでなく、輸血、抗生剤、免疫抑制剤、栄養・水分補給等の多岐にわたる目的のために重要です。しかし、体格や高齢のため末梢血管からの点滴ラインの確保が困難な場合、埋込型カテーテルを設置し診療に当たっています。また、抗がん剤の長期・持続投与が必要な場合、血管外漏出が生じた時に副作用が重篤になるリスクのある場合、早い点滴速度で投与が必要な場合も、埋込型カテーテルを設置し治療を行っています。

 

 

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 210 0.29 1.44 0.00% 70.52
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 143 1.50 6.42 0.00% 73.03
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 79 4.68 8.24 5.06% 76.10
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 67 3.60 5.94 2.99% 72.00
K654 内視鏡的消化管止血術 55 0.20 6.04 3.64% 71.95

 

 消化器内科で⾏っている⼿術は、体に傷をつけず、口や肛⾨からの内視鏡を⽤いて⾏う低侵襲治療です。腫瘍の切除、胆道狭窄に対するステント留置、消化管出⾎に対する⽌⾎など、いずれも過去には外科的⼿術が必要であった治療が、内視鏡を⽤いた負担の少ない⽅法で⾏えるようになっています。

 

 

乳腺外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 44 2.25 5.41 0.00% 63.11
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 35 2.03 3.09 0.00% 62.97
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 26 2.00 7.12 0.00% 60.08
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満) 12 1.50 2.00 0.00% 54.83
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) etc.

 

 1位から4位はすべて乳癌や乳腺の良性腫瘍に対する⼿術に伴う⼊院のものです。乳癌の診療は基本的に外来通院で⾏われます。乳癌の治療成績は年々向上しており、全体としては10年⽣存率が90%近くになっています。乳癌には様々なタイプがあり、手術、化学療法や内分泌療法などの薬物療法、放射線治療などを適切に組み合わせた集学的治療が行われます。診療ガイドラインによって標準治療が普及している⼀⽅で、患者さんの年齢や合併症、ライフスタイルや価値観などに合わせた医療が求められる時代となっています。

 乳腺外科では乳腺疾患(主に乳癌)に対して、専⾨性の⾼い医療を提供できるように⼼がけています。20年前から乳腺外科医、放射線診断医、放射線治療医、形成外科医、病理診断医、細胞検査師、放射線科技師、臨床検査部技師など多職種で形成されるCancer boardを編成しています。毎週カンファレンスを⾏い、すべての患者対して適切な診断や治療⽅針を決定しています。

 

 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01%
異なる 2 0.01%
180010 敗血症 同一 38 0.24%
異なる 32 0.20%
180035 その他の真菌感染症 同一 10 0.06%
異なる 8 0.05%
180040 手術・処置等の合併症 同一 40 0.26%
異なる 10 0.06%

 

 医療資源を最も投入した傷病名が播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、その他の真菌症、手術・処置後の合併症にあたる症例数および全入院患者に対しての発生率を表しています。入院契機の「同一」は入院の最初から上記の傷病の治療目的での入院であった場合で、例えば敗血症性ショックで救急搬送されるような場合です。「異なる」は別の傷病に対しての治療目的であったが入院中に上記の傷病が発症したか入院時に併存していたため、その治療が主となった場合を表します。

 

 

更新履歴

2020.9.30
DPCデータに基づく「病院情報」を公表しました。
2020.10.12
DPCデータに基づく「病院情報」を公表しました。

 

ページの先頭へ