2018年度 論文・学会発表

学会

国内学会

一般演題(口演)
  1. 乾 修朗,前岡 伸吾:長期療養患者に対してMOHOを用いた取り組み.第10回奈良県作業療法学会,2018.6.3,斑鳩(奈良)
  2. 服部 明優美:動作の定着が不十分な人工股関節置換術後症例に対しADL注意事項シトを用いることで動作の獲得に至った事例.回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会,2019.2.22,浦安(千葉)
  3. 杉本 光:回復期リハビリテーション病棟の転倒転落アセスメントシートの解析.回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会,2019.2.22,浦安(千葉)

 

その他の講演

  1. 友井 悠里子:立位バランスの改善により歩行能力が向上した多発性脳梗塞後患者の一症例.奈良県理学療法士協会平成30年度ブロック別症例検討会,2018.12.9,斑鳩(奈良)

 

院内集談会

  1. 丸岡 満:白川分院感染対策~2017ノロウイルス集団感染を振り返る.天理よろづリハビリテーションセンター研究発表会第1部,2018.10.27,外来診療棟5階講堂
  2. 服部 明優美:動作の定着が不十分な人工股関節置換術後症例に対しADL注意事項シートを用いることで動作の獲得に至った事例.天理よろづリハビリテーションセンター研究発表会第1部,2018.10.27,外来診療棟5階講堂
  3. 杉本 光:回復期リハビリテーション病棟の転倒転落アセスメントシートの解析.天理よろづリハビリテーションセンター研究発表会第1部,2018.10.27,外来診療棟5階講堂
  4. 奥村 健太:より効果的な運動療法を選択するためには? ~システマティックレビューによる検討~.天理よろづリハビリテーションセンター研究発表会第1部,2018.10.27,外来診療棟5階講堂
  5. 中田 扶子:脳梗塞後のアパシーが改善した症例~塗り絵を通した関わり~.天理よろづリハビリテーションセンター研究発表会第1部,2018.10.27,外来診療棟5階講堂
  6. 友井 悠里子:変形性膝関節症患者に対する運動療法はOKCとCKCではどちらが効果的なのか?~システマティックレビューによる検討~.天理よろづリハビリテーションセンター研究発表会第2部,2018.11.15,外来診療棟5階講堂
  7. 城埜 茜:認知機能の低下がある失語症患者に対する介入を経験して.天理よろづリハビリテーションセンター研究発表会第2部,2018.11.15,外来診療棟5階講堂
ページの先頭へ