ご入院の方

 

入院の手続き

  1. 入院の日が決まりましたら入院受付より電話にてお知らせいたします。
  2. 入院当日「入院誓約書」と「実費徴収同意書」に記入捺印のうえ、指定時間内に1階入院受付までお越し下さい。
  3. 次の証書類のうちいずれかをお持ちの方は、入院当日に入院受付へご提示下さい。
    ※下記書類のご提示がない場合は、ご提示されるまで自費扱いとして費用を頂くことになります。
  • 健康保険証
  • 医療証(県内の乳児・幼児、心身障害者、ひとり親)
  • 業務上の疾病による場合は事業主の証明書
  • 生活保護法による医療券
  • その他社会福祉関係の証明書
  • 限度額適用認定証

携帯品

 携帯品は必要最小限にして下さい。

    • 診察券・健康保険証・医療証・入院保証書・印鑑(入院後各種特殊保険等申請時必要)
    • 洗面用具(洗面器、石鹸、シャンプ-、リンス、歯ブラシ、歯磨き粉など)
    • 食事の時に必要なもの(箸、スプーン、湯のみ、ポットなど)
    • 室内用はきもの(転倒防止のため、はき慣れたものが安全です)・タオル類・下着・ねまき
    • ティッシュペーパー・手拭き用濡れティッシュ・つめきり・筆記用具・くずかごなど

※1 寝具は当院で準備いたしますのでお持ちにならないでください。
※2 ねまきをご希望の方には『1日80円』で貸与いたします。
※3 貴重品はお持ちにならないで下さい。

食事

 食事は療養の一環として、病院から提供いたします。従って病室への飲食物の持ち込みや、自炊は固くお断りいたします。

付添について

 患者本人が重症のため医師の許可を受けた付添の方には、付添家族用のベッド・寝具(有料)を当院で準備いたします。病棟にて説明いたしますので、『付添をされる方へ』に書かれている事項をお守り下さいますようお願いいたします。

洗濯

 寝具および当院で貸与するねまきの洗濯は、当方で全て行います。

費用

  • 入院費用は月末日で締め切り、約1週間後にご請求いたしますので、1階会計窓口にてお納め願います。退院時は、その都度請求させて頂きます。
  • ご入院に際し、個室又は2人室をご希望されます方は、下記料金をお含みのうえ、予めお申し込み下さい。
    ただし、ご希望に添えない場合がございますので予めご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

南病棟

特別室 33,000円
個室(A) 16,500円
個室(C) 6,600円
2人室 2,750円

 

東病棟

個室(A) 16,500円
個室(B) 8,250円
2人室 2,750円

 

西病棟

個室(B) 8,250円
2人室 2,750円

 

※1 当院の表示金額は消費税込みです。
※2 病棟によっては個室等の設置状況が異なります。
※3 個室料金の算出方法についての詳細は、医事課へお問い合わせください。

医療福祉相談

 入院される方に安心して療養いただけるよう、外来診療棟1階に患者総合支援センター「医療福祉係」の窓口がございます。入院時に関わる、社会福祉関係(生活保護、指定難病、小児慢性特定疾病、更生医療、育成医療等)についての手続きや医療費支払いなどについてのご相談をお受けいたします。

入院中お守りいただくこと

  • 入院中はすべて医師・看護師の指示に従って下さい。(不明の点は遠慮なくご相談下さい。)
  • 病室・廊下を問わずお互いの迷惑にならないよう静かにして下さい。
  • 散歩・運動・入浴等については医師・看護師に申し出て、その指示をお守り下さい。
  • 他の病室・診療室・看護師詰所・配膳室等への出入りは許可のない限りご遠慮願います。
  • 上記携帯品以外の病室への持ち込みは、ご遠慮下さい。
  • 消灯は、午後10時ですので、その後の点灯はご遠慮下さい。
  • 外出・外泊は、医師の指示に従って下さい。
  • 壁・柱等に貼紙・落書きをしないようにご注意願います。
  • バルコニーに物を置かないようお願いいたします。
  • 携帯電話は、医用精密機器に誤作動等の悪影響を及ぼしますので、院内では指定された場所でご使用下さい。

入院案内パンフレット

ご入院に関する詳細は、パンフレットでご確認ください。

 

退院される方へ

  • 退院の際は医師の説明をお受けになり、入院費用の精算を済ませて下さい。
  • 緊急退院等で入院費用の精算が不可能な時は「支払念書」または「支払誓約書」をご記入のうえ退院して頂きます。期限までにお支払い下さい。

その他

 当院では、職員に対する心付けは固くお断りいたしております。
 社会的行事や暦による退院日のご希望は、お受けいたしておりませんので、ご了承願います。

 

入院中お守りいただくこと

 自らの治療に専念し、また、全ての患者さんに快適な環境で適切な診療を受けていただくために、「患者の権利と義務憲章」中の患者の義務を遵守して頂くとともに、患者さん、ご家族、面会者は以下の事項を守って下さいますようにお願いいたします。

入院療養に直接関わる事項
    1. 外泊、外出、面会は主治医の許可を得て、看護師に申し出てください。
    2. 診療上あるいは業務上の必要から病棟、病室の変更をお願いすることがありますが、その際にはご理解ご協力ください。
    3. 退院の指示があった場合は、指示された日に退院してください。
医療安全、個人情報保護などに関わる事項携帯品
    1. 携帯電話は指定の場所で使用してください。
    2. 許可されたとき以外は、他の病室・診察室・看護師詰室・配膳室等へ出入りしたり、カルテや病院業務用パソコン画面を覗いたりしないでください。
職員の業務遂行への協力に関わる事項
    1. 業務の支障になりますので、緊急の場合以外は病院への電話をお控えください。
      * 入院患者さんの処置、世話などで多忙な看護師が電話対応しますと、入院患者さんの医療に支障が出ますので、ご協力ください。
療養に支障を来たす行為、迷惑行為、犯罪行為などの禁止
    1. 以下の行為をしないでください。
      • 大声での談笑、電話、消灯時間を超えての点灯、イヤホンを外してのテレビ・ラジオ等の視聴、一般人に不快感を与える言動など周囲への迷惑行為
      • 病院内での飲酒、酒酔い状態での来院
      • 当院は、院内及び関係敷地内は全て禁煙となり、タバコは吸えません。)
      • 病院内で暴力、脅迫、セクハラ行為および罵詈雑言などによる業務妨害。このような行為があった場合は直ちに警察に通報します。
      • バルコニー、廊下への物品の放置
      • 病院・職員に対する誹謗中傷、病院の備品・設備に対する毀損行為
      • 患者間・家族間での薬、健康食品、食べ物などのやり取り
      • 物品の売買、金品の貸借などの商行為、民間療法の紹介・勧誘
貴重品・私物の持ち込み制限、自己管理
    1. 私物の持ち込みは必要最小限に止め、自己管理をお願いします。
    2. 貴重品のお預かりはできませんので持ち込まないでください。
    3. 私物・貴重品の盗難及び紛失については責任を負いかねますのでご了承ください。
禁煙について
    1. 当院はがん診療連携拠点病院ですので、病院敷地内を全面禁煙としています。万が一、当院敷地内で喫煙されますと、当院での治療の継続をお断りすることや退院していただく場合もあります。また、当院には健康回復のために禁煙に励む患者さんが大勢おられ、疾患によっては入院時に喫煙習慣が継続されていると、治療できない場合があります。この点ご理解の上、敷地内での全面禁煙を遵守してください。
義歯をご利用の方へ
    1. 検査や手術前に義歯を取り外していただくことがあります。その際、義歯の保管は、患者さんご自身またはご家族でお願いします。ティッシュペーパーなどで包んで保管されますと、義歯が乾燥するだけでなく、ゴミと間違えて捨ててしまう恐れがあります。常時ご使用されている容器に保管されることをお勧めします。
指輪・ピアスおよびマニキュア・つけまつげ等について
    1. 治療上、支障を来たす場合がありますので、手足の爪は短く切り、マニキュア・ペディキュア・ジェルネイルは入院までに必ず除去してください。また、お化粧を控えめにし、つけまつげ、指輪、ピアスは外してください。
その他
    1. 上記事項の他に、職員が患者の皆様に快適な環境で適切な診療を受けていただくために出す指示をお守りください。
ページの先頭へ