もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > 診療部門 > 総合内科 > 研究と業績 > 2019年度 論文・学会発表

総合内科
2019年度 論文・学会発表

学術雑誌

欧 文

〈他施設との共同研究〉

  1. Okawa Y, Hoshino A, Ariyoshi M, Kaimoto S, Tateishi S, Ono K, Uchihashi M,Iwai−Kanai E, Matoba S : Ablation of cardiac TIGAR preserves myocardialenergetics and cardiac function in the pressure overload heart failure model.American Journal of Physiology. Heart and Circulatory Physiology 2019 ; 316(6) : H1366−H 1377.
  2. Tanaka Y, Oba K, Koike T, Miyasaka N, Mimori T, Takeuchi T, Hirata S, TanakaE, Yasuoka H, Kaneko Y, Murakami K, Koga T, Nakano K, Amano K, Ushio K,Atsumi T, Inoo M, Hatta K, Mizuki S, Nagaoka S, Tsunoda S, Dobashi H, Horie N,Sato N : Sustained discontinuation of infliximab with a raising−dose strategy afterobtaining remission in patients with rheumatoid arthritis : The RRRR study, arandomised controlled trial. Annals of the Rheumatic Diseases 2020 ; 79(1) : 94−102.
  3. Tsuji H, Nakashima R, Hosono Y, Imura Y, Yagita M, Yoshifuji H, Hirata S,Nojima T, Sugiyama E, Hatta K, Taguchi Y, Katayama M, Tanizawa K, Handa T,Uozumi R, Akizuki S, Murakami K, Hashimoto M, Tanaka M, Ohmura K, MimoriT : Multicenter prospective study of the efficacy and safety of combined immunosuppressive therapy with high−dose glucocorticoid, tacrolimus, andcyclophosphamide in interstitial lung diseases accompanied by anti−melanomadifferentiation−associated gene 5 − Positive dermatomyositis. Arthritis &Rheumatology 2020 ; 72(3) : 488−498.
  4. Hasegawa S, Sada R, Yaegashi M, Morimoto K, Mori T, Adult Pneumonia StudyGroup−Japan : 1 g versus 2 g daily intravenous ceftriaxone in the treatment ofcommunity onset pneumonia −A propensity score analysis of data from a Japanesemulticenter registry. BMC Infectious Diseases 2019 ; 19(1) : 1079.
  5. Nakatsuka Y, Handa T, Nakashima R, Tanizawa K, Kubo T, Murase Y, Sokai A,Ikezoe K, Hosono Y, Watanabe K, Tokuda S, Uno K, Yoshizawa A, Tsuruyama T,Uozumi R, Nagai S, Hatta K, Taguchi Y, Mishima M, Chin K, Mimori T, Hirai T :Serum matrix metalloproteinase levels in polymyositis/dermatomyositis patientswith interstitial lung disease. Rheumatology (Oxford) 2019 ; DOI : 10.1093/rheumatology/kez 065.
  6. van der Heijde D, Cheng−Chung Wei J, Dougados M, Mease P, Deodhar A,Maksymowych WP, Van den Bosch F, Sieper J, Tomita T, Landewé R, Zhao F,Krishnan E, Adams DH, Pangallo B, Carlier H, COAST−V study group, ChurchillM, Flint K, Gladstein G, Greenwald M, Howell M, Ince A, Kaine J, Mehta D,Peters E, Querubin R, Reveille J, Roseff R, Diegel R, Thai C, Bessette L, Morin F,Rahman P, Barrera Rodriguez AA, Cons−Molina F, Duran Barragan S, Skinner C,Pacheco Tena C, Ramos Remus C, Rizo Rodriguez JC, Hong SJ, Lee YA, Ju JH,Kang SW, Kim TH, Lee CK, Lee EB, Lee SH, Park MC, Shin K, Lee SH, Chen HA, Chen YC, Hsieh SC, Lan JL, Dvorak Z, Moravcova R, Malcova M, Taniguchi Y, Kishimoto M, Tada K, Dobashi H, Inui K, Ueki Y, Matsumoto Y, Koyama Y, Hatta K, Atsumi T, Goto H, Matsui K, akakubo Y, Neeck G, Poddubnyy D,Rubbert−Roth A, Szymanska M, Blicharski T, Dudek A, Racewicz A,Wojciechowski R, van de Sande M, Griep E, Nurmohamed M, Matsievskaya G,Shmidt E, Stanislav M, Yakushin S, Ershova O, Rebrov A, Balazs T, Cseuz R,Drescher E, Poor G : Ixekizumab, an interleukin−17 A antagonist in the treatment of ankylosing spondylitis or radiographic axial spondyloarthritis in patients previously untreated with biological disease−modifying anti−rheumatic drugs (COAST−V) : 16 week results of a phase 3 randomised, double−blind, active−controlled and placebo−controlled trial. Lancet 2018 ; 392(10163) : 2441−2451.

 

邦 文

  1. 金井恵理:第27回日本 Cell Death 学会学術集会を主催して.Bulletin of Tenri HealthCare University 2019;7(1):34-36.

 

学 会

国際学会

一般演題(ポスター)
  1. Nakayama Y, Tanaka E, Ueyama M, Terada S, Inao T, Kaji Y, Yasuda T,Hashimoto S, Hajiro T, Taguchi Y : Risk factors for pulmonary nontuberculous mycobacterial disease in rheumatoid arthritis patients. American College of Rheumatology 2019, 2019.11.12, Atlanta, GA (USA)

 

一般演題(口演)〈他施設との共同研究〉
  1. Okawa Y, Hoshino A, Ariyoshi M, Kaimoto S, Tateishi S, Ono K, Uchihashi M,Iwai−Kanai E, Matoba S : Ablation of cardiac TIGAR preserves myocardialenergetics and cardiac function in the pressure overload heart failure model. BCVS 2019 (Basic Cardiovascular Sciences Scientific Sessions 2019), 2019.7.29, Boston,MA (USA)
  2. Honda S, Ikeda K, Hoshino A, Urata R, Yagi S, Noriaki Emoto N, Iwai−Kanai E,Matoba S : Endothelial cell senescence is involved in the progression of atherosclerosis. ESC(European Society of Cardiology)2019, 2019.8.31, Paris(France)

 

国内学会

特別企画(シンポジウム・パネルディスカッション)
  1. 石丸裕康:在宅医療とコミュニティ,日本の現状と課題 地域と病院の連携と情報統合の実際.第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,2019.5.17,京都
  2. 石丸裕康:病院総合医養成のためのプライマリ・ケア連合学会の活動について.第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,2019.5.18,京都
  3. 今中孝信,石丸裕康:総合診療のこれまで:私たちはどこから来て,どこへ行くのか.第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,2019.5.19,京都

 

一般演題(口演)
  1. 八田和大,明保洋之,三宅啓史,佐田竜一,石丸裕康:IgG 4 関連疾患-1 脂質異常をきたした IgG 4 関連疾患の1例.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,2019.4.17,京都
  2. 松本百奈美,松下 翔,明保洋之,佐田竜一,次橋幸男:集中治療専門医不在の大規模 病院における ICU 敗血症患者の栄養を中心とした全身管理の実態調査.第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,2019.5.18,京都
  3. 松本百奈美,明保洋之,佐田竜一:大規模病院に誤嚥性肺炎で入院した高齢患者におけるポリファーマシーの実態調査.第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,2019.5.19,京都
  4. 明保洋之,佐田竜一,次橋幸男,三宅啓史,中山洋一,蓑田紗希,石丸裕康:理学療法士の少ないセッティングにおける,高齢者への理学療法処方の基準についての検討.第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,2019.5.19,京都

 

〈他施設との共同研究〉

  1. 田中良哉,小池隆夫,宮坂信之,三森経世,竹内 勤,平田信太郎,田中榮一,安岡秀剛,金子祐子,村上孝作,古賀智裕,中野和久,天野宏一,牛尾一康,渥美達也,猪尾昌之,八田和大,水木伸一,長岡章平,角田慎一郎,土橋浩章:関節リウマチの治療(前向き臨床研究)インフリキシマブによるプログラムドコントロール治療で導入された関節リウマチの寛解維持に関するランダム化比較試験(RRRR Study)における結果報告.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,2019.4.16,京都

 

(2018年度追加)

  1. Honda S, Ikeda K, Hoshino A, Urata R, Yagi S, Emoto N, Iwai−Kanai E, Matoba S:Endothelial cell senescence is involved in the progression of atherosclerosis. The 83 rd Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2019), 2019.3.29, Yokohama (Japan)

 

一般演題(ポスター)
  1. 中山洋一,佐田竜一,安田武洋,橋本成修,羽白 高,田中栄作,田口善夫:Moraxella catarrhalis を原因菌とし,肺腺癌を合併した膿胸の一例.第93回日本感染症学会総会・学術講演会,2019.4.5,名古屋
  2. 濱口侑大,佐田竜一,明保洋之:カンジダ菌血症患者に対するβ−D glucan の反復測定が抗真菌薬投与期間・入院期間に与える影響 単施設後方視的コホート研究.第93回日本感染症学会総会・学術講演会,2019.4.6,名古屋
  3. 明保洋之,中山洋一,蓑田紗希,三宅啓史,佐田竜一,石丸裕康,八田和大:35年間の治療歴のある SLE 患者が大動脈炎を発症し,中等量ステロイドが有効であった一例.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,2019.4.17,京都
  4. 中山洋一,蓑田紗希,明保洋之,三宅啓史,佐田竜一,石丸裕康,中嶋 蘭,三森経世,八田和大:抗 ARS 抗体が ELISA 法陽性かつ RNA 免疫沈降法陰性であった抗 MDA 5抗体陽性間質性肺炎合併皮膚筋炎の一例.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,2019.4.17,京都
  5. 蓑田紗希,中山洋一,三宅啓史,明保洋之,佐田竜一,石丸裕康,八田和大:膠原病による胸水を伴う胸膜炎に対してメチルプレドニゾロン胸腔内投与を行った3例.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,2019.4.17,京都
  6. 八田和大,明保洋之,三宅啓史,佐田竜一,石丸裕康:脊椎関節炎の女性患者にみられた Andersson 病変の2例.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,2019.4.17,京都
  7. 近藤 明,近藤博和,中川義久,伊東裕之,下村大樹,松尾収二,山本慶和,畑中徳子,金井恵理:健常人およびワルファリン投与患者血漿から精製したプロトロンビンについて.第59回日本臨床科学学会年次学術集会,2019.9.27,仙台(宮城)

 

〈他施設との共同研究〉

  1. 辻 英輝,中嶋 蘭,細野祐司,井村嘉孝,八木田正人,吉藤 元,平田信太郎,野島崇樹,杉山英二,八田和大,田口義夫,片山昌紀,谷澤公伸,半田知宏,久保 武,秋月修治,村上孝作,橋本 求,田中真生,大村浩一郎,三森経世:抗 MDA 5 抗体陽性間質性肺炎合併皮膚筋炎患者における免疫抑制薬多剤併用療法の有用に関する多施設共同前向き研究.第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,2019.4.17,京都
  2. 佐田七海子,佐田竜一,宮越浩一:リハビリテーション病院の骨折患者に骨粗鬆症診療checklist を用いた治療介入効果を測定する前後比較研究 DECOFRAC 最終報告.第56回日本リハビリテーション医学会学術集会,2019.6.14,神戸
  3. 大川善文,星野 温,木谷友哉,山中亮悦,波東大地,金井恵理,的場聖明,他:TIGAR(TP 53−Induced Glycolysis and. Apoptosis Regulator)は,主に解糖系代謝を低下させることで,心不全を増悪させる.第28回日本 Cell Death 学会,2019.7.13,東京

 

(2018年度追加)

  1. Urata R, Ikeda K, Nakagawa T, Hoshino A, Honda S, Yagi N, Iwai−Kanai E, Matoba S : Senescence impairs endothelial angiogenic functions by altering cellular energy metabolism through p 53−TIGAR axis. The 83 rd Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society(JCS 2019), 2019.3.30, Yokohama(Japan)

 

研究会

特別講演・教育講演
  1. 八田和大:膠原病内科医から診た EGPA 治療.奈良県 EGPA 治療セミナー,2019.4.20,奈良
  2. 八田和大:実地医家が知っておくべき経口抗リウマチ剤の使用法~医療経済的な視点からリウマチ治療を再考する バイオ vs csDMARDs.第318回大阪整形外科医会研修会,2019.5.25,大阪
  3. 八田和大:乾癬性関節炎の話題を中心に.第3回 PsA School in Wakayama,2019.6.4,和歌山
  4. 八田和大:脊椎関節炎(乾癬性関節炎を中心に).第32回日本臨床整形外科学会・まほろば関西,2019.7.15,神戸
  5. 八田和大:DMARDs 治療を再考する~高齢者 RA 治療も含めて~.奈良県臨床整形外科医会,2019.7.27,奈良
  6. 石丸裕康:プライマリ・ケア・総合診療からみたリウマチ・膠原病.第556回兵庫県保険医協会 診療内容向上研究会,2019.9.28,神戸
  7. 八田和大:脊椎関節炎 乾癬性関節炎の話題を中心に.第122回大和免疫アレルギー研究会,2019.10.1,生駒(奈良)
  8. 八田和大:天理レジデント制度の歴史と新研修制度について.2020年度の新臨床研修制度にむけたセミナー,2019.10.18,京都
  9. 八田和大:脊椎関節炎の診断と治療~歴史から疾患を紐解く~.HUMIRA インターネットライブセミナー,2019.11.8,大阪
  10. 八田和大:本当は怖い!関節リウマチ.リウマチエリア WEB セミナー,2019.12.20,奈良
  11. 八田和大:乾癬性関節炎(脊椎関節炎)の実臨床~歴史からバイオまで~.第2回西近畿地区千鳥会 乾癬フォーラム,2020.2.29,大阪

 

特別企画(シンポジウム・パネルディスカッション)
  1. 三宅啓史:当院の RA 診療の変化とこれからのレミケードの使い方.Bio Tight Controlを考える会,2020.2.14,大阪

 

一般演題(口演)
  1. 三宅啓史:リウマチ性多発筋痛症と巨細胞性動脈炎.NARA Meeting,2019.6.1,奈良
  2. 石丸裕康:RA と併存症のバランスを考慮した治療とは?―糖尿病を中心に考える―.NARA 塾,2019.6.22,橿原(奈良)
  3. 小路幹人,蓑田紗希,藤田久美,石丸裕康,八田和大:腎生検を施行した2型糖尿病の一例.第16回腎疾患セミナー,2019.6.27,天理
  4. 中山洋一,蓑田紗希,明保洋之,三宅啓史,佐田竜一,石丸裕康,八田和大:非典型的経過をたどる成人発症スティル病を疑う一例.奈良県膠原病セミナー,2019.7.30,奈良
  5. 中山洋一:乾癬性関節炎に対する Infliximab Tight Control.関西皮膚科 Biologics 研究会,2019.8.1,大阪
  6. 中山洋一,蓑田紗希,明保洋之,三宅啓史,佐田竜一,石丸裕康,八田和大:IgG 4 関連疾患の経過中に様々な病態を合併した一例.リウマチ WEB カンファレンス,2019.8.28,奈良
  7. 中山洋一:膠原病に合併した肺非結核性抗酸菌症の臨床的特徴.呼吸器疾患合併 RA セミナー,2019.11.16,京都
  8. 中山洋一:当科におけるケブザラ使用経験.Sarilumab Conference in Nara,2019.11.28,奈良
  9. 三宅啓史:患者背景に応じた関節リウマチの治療戦略.奈良基礎免疫セミナー,2019.12.6,天理
  10. 中山洋一:NTM 合併 RA の特徴と診療~呼吸器内科との連携~.リウマチエリア WEBセミナー,2019.12.26,奈良
  11. 中山洋一:症例提示.NARA 塾,2020.2.5,奈良
  12. 石丸裕康:大量腹水の一例.京都 GIM カンファレンス,2020.2.7,京都

 

その他の講演

  1. 石丸裕康:これからの医師に求められるチーム医療.第7回主治医力を磨くワークショップ,2019.6.15,天理
  2. 石川 翔,髙橋佑輔,明保洋之,佐田竜一:結核性腹膜炎とサルコイドーシス.佐久感染症セミナー,2019.9.28,佐久(長野)
  3. 石丸裕康:慢性腎臓病(CKD)の病診連携―糖尿病性腎症を含めて―.天理市学術講演会,2020.2.8,天理

 

院内集談会

  1. 明保洋之,靏井智佳子,他:退院支援の理念と流れ.他職種向け講義,2019.5.10,外来診療棟5階カンファレンス室
  2. 松下 翔,真辺 諄,小路幹人,西川依里,柏原英理子,田川竣介,中山洋一,蓑田紗希,明保洋之,三宅啓史,佐田竜一,石丸裕康,八田和大,大花正也:腎障害と上腕のしびれでご紹介いただいた一例.第3回診療連携講演会,2019.12.5,外来診療棟5階講堂

 

一般向け

雑誌・書籍
  1. 石丸裕康:【一人でも慌てない!―「こんなときどうする?」の処方箋85】どうする?耳鼻咽喉科・眼科・皮膚科 その咽頭痛は本当に感冒か?.Medicina 2019;56(4):364-367.
  2. 佐田竜一:【不明熱を不明にしないために―実践から考えるケーススタディ】その他の疾 患 CRP 陰 性 な の に 連 日39~40℃の 発 熱,頭 痛 が3週 間 持 続 す る17歳 男 性.Medicina 2019;56(11):1832-1836.
  3. 石丸裕康:【不明熱を不明にしないために―実践から考えるケーススタディ】その他の疾患 検査の適応はありません.あなたはどうしますか? 全身倦怠感・発熱で来院した25歳男性.Medicina 2019;56(11):1844-1846.
  4. 佐田竜一:【同効薬,納得の使い分け 根拠からわかる!症例でわかる!】(第8章)アレルギー・膠原病・骨関節疾患の薬の使い分け NSAIDs の使い分け.レジデントノート 2019;21(5):926-931.
  5. 佐田竜一:【臨床写真図鑑 コモンな疾患編 集まれ!よくみる疾患の注目所見 あらゆる科で役立つ,知識・経験・着眼点をシェアする81症例】(第3章)内科 症例37.50歳代,男性,発熱,下痢.レジデントノート 2019;21(11):1943-1944.
  6. 佐田竜一:【臨床写真図鑑 コモンな疾患編 集まれ!よくみる疾患の注目所見 あらゆる科で役立つ,知識・経験・着眼点をシェアする81症例】(第3章)内科 症例38.70歳代,女性,微熱,食思不振,体重減少.レジデントノート 2019;21(11):1945-1946.
  7. 佐田竜一:みるトレ(Special 28)“大量殺人犯”は近くにいる!.総合診療 2019;29(4):473-477.
  8. 佐田竜一:【一般外来で診断できたら「えっへん!」な疾患38】多巣性糖尿病性神経障害(MDN)multifocal diabetic neuropathy.総合診療 2019;29(5):567.
  9. 佐田竜一:みるトレ(Special 31) 答えは無論じゃ!.総合診療 2019;29(7):843-846.
  10. 佐田竜一:みるトレ(Special 34) 非典型的な咽頭炎に気をつけろ!.総合診療2019;29(10):1261-1265.
  11. 岩崎雄太,田口智朗,石丸裕康,八田和大:What’s your diagnosis?(第204回) 美しい女性には気をつけろ!.総合診療 2019;29(12):1438-1442.

 

講 演
  1. 田川竣介 作成,佐田竜一 監修:重症薬疹~3つのタイプの診断とマネジメント.更新 日:2019.5.7,URL : http://hospitalist.jp/wp/wp−content/themes/generalist/img/medical/jhn−cq−tenri−190507. pdf
  2. 田川竣介 作成,三宅啓史,佐田竜一 監修:Jhospitalist network ““Journal club””『生物学的製剤の使用は悪性腫瘍を増加させるか』Malignant neoplasms in patients with rheumatoid arthritis treated with tumor necrosis factor inhibitors, tocilizumab, abatacept, or rituximab in clinical practice : A nationwide cohort study from Sweden. 更新日:2019.10.2,URL : http://hospitalist.jp/wp/wp−content/themes/generalist/img/medical/jc_20191002_tenri. pdf
  3. 吉田和馬 作成,佐田竜一,西内 英 監修:左室駆出率の低下した心不全に対する強心剤使用の pros/cons.更新日:2019.10.11,URL : http://hospi.sakura.ne.jp/wp/wp−content/themes/generalist/img/medical/jhn−cq−tenri−191011. pdf
  4. 松下 翔 作成, 佐田竜一, 稲尾 崇 監修 : Jhospitalist network “ “ Clinical Question””「安定期 COPD,ACO における吸入ステロイドの位置づけ」.更新日:2020.2.7,URL : http://hospi.sakura.ne.jp/wp/wp−content/themes/generalist/img/medical/jhn−cq−tenriyorozu−200207. pdf

 

ページの先頭へ