もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > 診療部門 > 脳神経内科 > 研究と業績 > 2019年度 論文・学会発表

脳神経内科
2019年度 論文・学会発表

学術雑誌

欧 文

  1. Yagita K, Shinde A, Suenaga T : Rheumatoid meningitis can present MRI finding sthat mimic chronic subdural haematoma. BMJ Case Reports 2019 ; 12(8) : e229642.
  2. Tsukita K, Sakamaki−Tsukita H, Suenaga T : Author’s Reply : Involvement of the abducens nucleus results in adduction impairment of the contralateral eye. Internal Medicine 2019 ; 58(15) : 2275.
  3. Tsukita K, Sakamaki−Tsukita H, Suenaga T : Isolated abducens nerve palsy due to a dural arteriovenous fistula with drainage into the inferior petrosal sinus . Journal of Clinical Neurology 2019 ; 15(3) : 410−412.
  4. Tsukita K, Sakamaki−Tsukita H, Tanaka K, Suenaga T, Takahashi R : Value of in vivo α−synuclein deposits in Parkinson’s disease : A systematic review and meta−analysis. Movement Disorders 2019 ; 34(10) : 1452−1463.

 

〈他施設との共同研究〉

  1. Tada Y, Kume K, Matsuda Y, Kurashige T, Kanaya Y, Ohsawa R, Morino H, Tabu H, Kaneko S, Suenaga T, Kakizuka A, Kawakami H : Genetic screening for potassium channel mutations in Japanese autosomal dominant spinocerebellar ataxia. Journal of Human Genetics 2020 ; 65(4) : 363−369.
  2. Nishida Y, Nakamura M, Urata Y, Kasamo K, Hiwatashi H, Yokoyama I, Mizobuchi M, Sakurai K, Osaki Y, Morita Y, Watanabe M, Yoshida K, Yamane K, Miyakoshi N, Okiyama R, Ueda T, Wakasugi N, Saitoh Y, Sakamoto T, Takahashi Y, Shibano K, Tokuoka H, Hara A, Monma K, Ogata K, Kakuda K, Mochizuki H, Arai T, Araki M, Fujii T, Tsukita K, Sakamaki−Tsukita H, Sano A : Novel pathogenic VPS 13 A gene mutations in Japanese patients with chorea−acanthocytosis. Neurology Genetics 2019 ; 5(3) : e 332.

 

邦 文

  1. 山中治郎,橋本修治,末長敏彦:遷延する意識障害と痙攣性てんかん重積状態を呈した神経核内封入体病の1例.臨床神経学 2019;59(7):425-430.

 

学 会

国内学会

一般演題(口演)
  1. Hirose M, Yamanaka H, Nakao H, Yamaguchi S, Honjo C, Yagita K, Obata K, Shinde A, Suenaga T : Neurological and imaging findings of vertical one−and−a−half syndrome : Report of three cases. 第60回日本神経学会学術大会,2019.5.23,大阪
  2. 廣瀬正和,中尾寛宙,山中治郎,田中寛大,北川孝道,田村俊寛,末長敏彦:経頭蓋ドプラによる卵円孔閉鎖術後の右左シャントの経時的評価.第38回日本脳神経超音波学会総会,2019.6.7,奈良
  3. 田口智朗,西尾有葵子,中尾寛宙,山口聡子,本庄智香,廣瀬正和,八木田薰,山中治郎,小畑 馨,新出明代,柴田益成,末長敏彦:急性健忘症を呈した脳弓梗塞の1例.第114回日本神経学会近畿地方会,2019.7.27,大阪
  4. 西尾有葵子,八木田薰,中尾寛宙,山口聡子,本庄智香,田口智朗,廣瀬正和,山中治郎,小畑 馨,新出明代,柴田益成,末長敏彦:診断時に左全視野障害,再燃時に両耳上側四分盲を呈した原発性下垂体炎の一例.第114回日本神経学会近畿地方会,2019.7.27,大阪
  5. 本庄智香,新出明代,寺田 悟,西尾有葵子,山口聡子,中尾寛宙,八木田薰,廣瀬正和,田口智朗,山中治郎,小畑 馨,柴田益成,末長敏彦:肺小細胞癌に対しぺムブロリズマブ投与中に多彩な末梢神経障害が出現した一例.第225回日本内科学会近畿地方会,2019.9.21,大阪
  6. 尾寛宙,山中治郎,新出明代,末長敏彦:インフルエンザワクチン接種後に増悪した視神経脊髄炎の一例.第225回日本内科学会近畿地方会,2019.9.21,大阪
  7. 中尾寛宙,山中治郎,新出明代,末長敏彦:インフルエンザワクチン接種後に増悪した視神経脊髄炎の一例.第24回日本神経感染症学会総会・学術大会,2019.10.12,東京
  8. 廣瀬正和,小畑 馨,末長敏彦:突然発症の視覚性記憶障害が遷延したてんかん性健忘の一例.第43回日本高次脳機能障害学会学術総会,2019.11.28,仙台(宮城)
  9. 本庄智香,新出明代,西尾有葵子,山口聡子,中尾寛宙,八木田薰,廣瀬正和,田口智 朗,山中治郎,小畑 馨,柴田益成,末長敏彦:非典型的な MRI 画像を呈した PCNSLの症例.第115回日本神経学会近畿地方会,2019.12.7,大阪
  10. 西尾有葵子,廣瀬正和,中尾寛宙,山口聡子,本庄智香,田口智朗,八木田薰,山中治郎,新出明代,柴田益成,末長敏彦:純粋健忘で発症した AMPA 受容体抗体脳炎の一例.第115回日本神経学会近畿地方会,2019.12.7,大阪
  11. 吉田和馬,柴田益成,田口智朗,廣瀬正和,八木田薰,山中治郎,新出明代,末長敏彦:急性経過の異常行動を呈し,門脈大循環短絡を介した肝性脳症が疑われた1例.第226回日本内科学会近畿地方会,2019.12.21,大阪

 

一般演題(ポスター)
  1. Yagita K, Nakao H, Shinde A, Suenaga T:Case series of rheumatoid meningitis. 第60回日本神経学会学術大会,2019.5.22,大阪
  2. 山口聡子,末長敏彦,新出明代:高安動脈炎に可逆性脳血管攣縮症候群を合併した 1例.第37回日本神経治療学会学術集会,2019.11.6,横浜

 

研究会

一般演題(口演)
  1. 廣瀬正和,小畑 馨:一過性健忘で発症した扁桃腫大を伴うてんかん.てんかんクリニカルカンファレンス in 天理,2019.5.16,天理
  2. 田口智朗,西尾有葵子,中尾寛宙,山口聡子,本庄智香,廣瀬正和,八木田薰,山中治郎,小畑 馨,新出明代,柴田益成,末長敏彦:急性健忘症を呈した脳弓梗塞の1例.第57回亀山正邦記念神経懇話会,2019.6.15,大阪 【金賞 受賞】
  3. 廣瀬正和,西尾有葵子,中尾寛宙,山口聡子,田口智朗,八木田薰,山中治郎,小畑 馨,新出明代,柴田益成,末長敏彦:卵円孔開存と脳梗塞二次予防.第2回脳梗塞よろづ相談会,2019.6.20,奈良
  4. 田口智朗,西尾有葵子,中尾寛宙,山口聡子,本庄智香,廣瀬正和,八木田薰,山中治郎,小畑 馨,新出明代,柴田益成,末長敏彦:急性健忘症を呈した脳弓梗塞の1例.奈良認知症研究会,2019.7.4,奈良
  5. 八木田薰,末長敏彦:2ヶ月の経過で歩行・認知障害が進行した74歳男性.Nara NeuroNetwork Navigation(N 4),2019.7.29,奈良
  6. 八木田薰,末長敏彦:立位時に下肢振戦が増悪する PD 患者の1例.大和神経疾患ミーティング,2019.9.19,奈良
  7. 中尾寛宙,末長敏彦:典型例と非典型例のサルコイドシーシスの二例.第23回奈良末梢神経研究会,2019.9.28,奈良
  8. 廣瀬正和,西尾有葵子,中尾寛宙,山口聡子,田口智朗,八木田薰,山中治郎,小畑馨,新出明代,柴田益成,北川孝道,末長敏彦:エコーで確認し得たパーキンソン病患 者の舌安静時振戦.奈良脳神経内科治療戦略セミナー,2019.11.22,奈良
  9. 山中治郎,末長敏彦:治療コントロールに難渋した1例.奈良多発性硬化症フォーラム2019,2019.11.30,奈良
  10. 廣瀬正和,西尾有葵子,中尾寛宙,山口聡子,本庄智香,田口智朗,八木田薰,山中治郎,新出明代,柴田益成,末長敏彦:麻痺性イレウスの急速進行により死の転帰を辿った筋強直性ジストロフィーの一例.第58回亀山正邦記念神経懇話会,2019.12.14,京都
  11. 八木田薰,末長敏彦:αシヌクレイン伝播に関する文献紹介.大和神経疾患ミーティング,2020.1.16,奈良
  12. 山中治郎,末長敏彦:CIDP と免疫グロブリン補充療法~症例報告~.CIDP そこが知りたい免疫治療セミナー,2020.1.24,大阪
  13. 八木田薰,西尾有葵子,中尾寛宙,山口聡子,本庄智香,田口智朗,廣瀬正和,山中治郎,新出明代,柴田益成,末長敏彦:レボドパチャレンジテストにおけるパーキンソン病と進行性核上性麻痺の比較検討.第2回中河内・奈良北和 連携の会,2020.2.18,奈良>

 

その他の講演

  1. 末長敏彦:パーキンソン病の最近の話題.Parkinson’s Disease Web Seminar,2019.6.27,奈良
  2. 末長敏彦:知っておきたい神経診察の Tips.RITEN(Review of Internal medicine in TENri)2019,2019.7.14,天理
  3. 廣瀬正和,西尾有葵子,中尾寛宙,山口聡子,田口智朗,八木田薰,山中治郎,小畑 馨,新出明代,柴田益成,北川孝道,末長敏彦:エコーで確認し得たパーキンソン病患者の舌安静時振戦.第2回やまと神経疾患ミーティング,2019.9.19,奈良
  4. 末長敏彦:代表的な神経・筋系疾患の概要と診断基準等.難病指定医養成研修会,2019.11.17,橿原(奈良)
  5. 末長敏彦:パーキンソン病の最近の話題.Parkinson’s Disease Web Seminar,2019.12.3,奈良
  6. 末長敏彦:認知症診療の実際~症例ディスカッションを交えて~.高齢者トータルケアセミナー,2020.1.23,橿原(奈良)
  7. 柴田益成:最近の脳卒中発症予防 UPDATE.高齢者トータルケアセミナー,2020.1.23,橿原(奈良)
  8. 末長敏彦:CIDP と免疫グロブリン補充療法.CIDP そこが知りたい免疫治療セミナー,2020.1.24,大阪
  9. 柴田益成:脳梗塞治療最新レビュー:血行再建療法の現状と限界.大阪脳神経内科コロキウム,2020.2.15,大阪

 

院内集談会

  1. 八木田薰:パーキンソン病と類縁疾患.南43病棟院内勉強会,2019.5.17,天理
  2. 八木田薰,末長敏彦:構音障害・左上肢の筋力低下で発症し全経過2年で死亡した70歳男性.院内神経病理検討会,2019.7.23,天理
  3. 八木田薰,末長敏彦:歩行障害で発症し全経過6年で死亡した83歳女性.院内神経病理検討会,2019.8.27,天理
  4. 八木田薰,末長敏彦:歩行障害で発症して全経過2年で死亡した52歳男性.院内神経病理検討会,2019.10.29,天理>
  5. 末長敏彦:インシデントの報告現状.令和元年度3委員会合同講習会,2019.11.27,天理
  6. 末長敏彦:患者安全をすすめるチーム STEPPS.令和元年度3委員会合同講習会,2019.12.3,天理
  7. 八木田薰,末長敏彦:全経過 7年で死亡した認知症を伴うパーキンソン病の症例.院内神経病理検討会,2019.12.17,天理

 

一般向け

雑誌・書籍
  1. 月田和人,田中寛大,田口智朗,月田春日,末長敏彦:パーキンソン病における迷走神経超音波検査:パーキンソン病患者では迷走神経は萎縮している.超音波テクノ2019;31(4):84-87.
講 演
  1. 末長敏彦:若年性認知症について.第541回憩の家講座,2019.10.26,天理
  2. 新出明代:神経難病の疾患理解と急変時の対応について~筋萎縮性側索硬化症・多系統萎縮症~.2019年度郡山保健所難病支援関係職員研修会,2019.12.5,奈良
  3. 末長敏彦:脳卒中 その後の後遺症とリハビリテーション.ひのきしんスクール,2020.2.26,天理

 

ページの先頭へ