脳神経外科
診療内容

未破裂動脈瘤

 顕微鏡下手術によるクリッピング、あるいは血管内手術によるコイル塞栓術の両方に精通しているので、症例毎にカンファレンスにて徹底的に検討して、患者様への十分な説明の上で最善の治療を選択して行っています。

顕微鏡下手術

 顕微鏡下手術では、麻痺予防のための術中神経機能モニタリングや術中に血管の閉塞を検出できる蛍光血管造影などを併用し、安全な手術を心がけています。顕微鏡では見えない脳動脈瘤の裏側は神経内視鏡などを使用して確認します。

血管内手術

 バルーンカテーテルや最新のステントを併用したコイル塞栓術を脳神経外科専用の血管撮影室で行います。基本的には局所麻酔での手技となりますが、必要な場合は全身麻酔でも施行できます。

血行再建術

 治療が困難な巨大動脈瘤に対しては、血行再建術を伴うコイル塞栓術など症例に応じた集約的な治療を行っています。血行再建のための血管吻合術は脳神経外科領域では基本的かつ高度な手術手技ですが、当院にはその技術修練のための設備が大学並みに整っており、日々研鑽しています。

 

慢性期脳梗塞

 脳血管、頚動脈などの狭窄や閉塞を画像評価して、さらに脳血流の不足を科学的に精査した上で、神経症状の改善や発生の予防を目指し、顕微鏡下手術や血管内手術を用いて最適な血行再建術(頚動脈ステント留置術、頚動脈内膜剥離術、STA-MCA血管吻合術など)を積極的に行っています。

 

脳腫瘍

 以前より、脳腫瘍の患者さんも多く、脳腫瘍手術に際しては、顕微鏡下手術に術中神経機能モニタリング、ナビゲーションシステム、術中エコー、神経内視鏡などを併用し、正常組織を損傷することなく安全かつ迅速な腫瘍の摘出を目指しています。腫瘍近傍の正常脳血管走行に習熟した脳神経外科医が手術を担当し、腫瘍血管に対しては術前に血管内手術による術中出血予防処理をすることもあります。悪性脳腫瘍に対しては手術後に放射線治療と免疫・化学治療を併用した集学的治療も行っています。神経内視鏡下手術も先駆けて15年前より認定医が常勤し続けて実績を積んでいます。

 

脊椎・脊髄疾患手術

 変形性脊椎症、後縦靭帯骨化症、椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患、手根管症候群などの末梢神経障害に対するに対する外科手術も積極的に行っています。これらの疾患の多くは中枢神経である脊髄やその末梢神経への骨組織、軟骨組織、腱組織、腫瘍などによる圧迫が原因で症状が起こるのですが、障害されると一生の後遺症になってしまう中枢神経を扱うことに習熟した脳神経外科医が顕微鏡を使用して、術中神経機能モニタリングも使用した安全な手順での治療を行います。

 

微小血管減圧術

三叉神経痛・舌咽神経痛

 動脈硬化などにより蛇行した脳血管が感覚神経を圧迫して発症することが多いので、顕微鏡下手術により圧迫を取ることで痛み症状の消失が期待できます。圧迫点付近にある脳神経の中では聴神経が最も弱いため(中枢神経部分が長いため)合併症として聴力障害が多いとされていますが、術中聴力機能モニタリングを全例に使用して安全な手術を可能としています。

顔面けいれん

 顔面神経を脳血管が圧迫して発症しますが、やはり聴神経が近くにあります。術中聴力機能モニタリング、術中AMRモニタリング(顔面けいれんがあると記録される異常電位でこれが手術手技により消失するかどうかを術中に測定できる)で確実な手術を行います。顔面へのボトックス注射治療では再発し、徐々に顔面麻痺が生じることが多い疾患ですが、手術加療では根治が期待できます。

 

その他外科手術

 脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻、もやもや病、脳動脈解離などの比較的稀な血管障害にも実績が豊富です。

ページの先頭へ