もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > 診療部門 > 緩和ケア科 > 研究と業績 > 2019年度 論文・学会発表

緩和ケア科
2019年度 論文・学会発表

学術雑誌

邦 文

  1. 加藤恭郎,久須美房子:ヒドロモルフォン塩酸塩とハロペリドールの混合液の持続皮下注時の皮下硬結がハロペリドールの中止により改善した1例.Palliative Care Research 2020;15(1):9-13.

 

学 会

国内学会

特別講演・教育講演
  1. 加藤恭郎:ランチョンセミナー9:手袋の進化を考える,快適な二重手袋のススメ!まちがいだらけの二重手袋―材質を理解して正しい二重手袋へ―.第33回日本手術看護学会年次大会,2019.10.12,岡山

 

一般演題(ポスター)
  1. 加藤恭郎,嶌川直子:大規模急性期病院における緩和ケア病棟の役割―入棟前死亡例の検討.第24回日本緩和医療学会学術大会,2019.6.21,横浜

 

研究会

特別講演・教育講演
  1. 加藤恭郎:ゴム手袋に関連する手湿疹,感染対策,使用している手袋について 手術用手袋選択の変遷 パウダーから二重手袋まで.第24回日本ラテックスアレルギー研究会,2019.11.17,大阪

 

その他の講演

  1. 加藤恭郎:緩和ケア病棟1年の報告,最近のオピオイド鎮痛薬.宮城医院緩和ケア勉強会,2019.11.12,南26病棟
  2. 加藤恭郎:ヒドロモルフォンについて.在宅世話どりセンター勉強会,2019.12.9,白川分院 A 棟3階会議室
  3. 加藤恭郎:がん終末期の予後予測について.白川分院 実習を伴う専門的な緩和ケアの研修,2020.3.27,南26病棟

 

院内集談会

  1. 加藤恭郎:今だから伝えたい医療用麻薬の話 ヒドロモルフォンを中心に.TCS研修会シリーズ・春 みんなで歩もう緩和ケア~その10~,2020.2.7,外来診療棟5階講堂

 

ページの先頭へ