もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > 診療部門 > 循環器内科 > 研究と業績 > 2016年度 論文・学会発表

循環器内科
2016年度 論文・学会発表

書籍

  1. 中川 義久:抗血小板療法の継続短縮?・延長?・抗凝固との併用,Annual Review2016 循環器,pp88-92,小室 一成他編集,中外医学社(東京),2016
  2. 中川 義久:安定狭心症に対する血行再建(PCI/CABG)の適応と効果,循環器研修ノート改訂第2版,pp363-365,永井 良三総監修,診断と治療社(東京),2016
  3. 田巻 庸道,中川 義久:虚血性心疾患による心不全に強心薬を使うべきか?,ここが知りたい強心薬のさじ加減,pp262-266,北風 政史編集,中外医学社(東京),2016
  4. 中川 義久:CABGに内在する新規心筋梗塞発生抑制効果は疑いない!,心腎血管疾患クリニカル・トライアルAnnual Overview 2016,pp64,臨床研究適正評価教育機構編集,ライフサイエンス出版(東京),2016
  5. 中川 義久:冠動脈疾患におけるスタチン系薬の役割,最新冠動脈疾患学(上),pp400-404,日本臨床社(大阪),2016
  6. 中川 義久:P2Y12受容体阻害薬単剤使用は有効?,血小板療法エキスパートの勘どころ,pp130-133,南江堂(東京),2016
  7. 中川 義久,林 秀隆:そうだったのか! 絶対に読めるCAG~シェーマでわかる冠動脈造影の読み方,羊土社(東京),2016
  8. 近藤 博和:アスピリン抵抗性は評価すべき?,抗血小板療法エキスパートの“勘どころ”,pp112-115,中村 正人編集,南江堂(東京),2016
  9. 泉 知里:Ⅲ大動脈弁閉鎖不全症(AR)のThe Best Treatment 4.Para−valvularleak の診断と手術適応,ザ・ベスト・トリートメント! 心臓弁膜症―ガイドラインを深読み・先読みする―,pp104-109,伊藤 浩編集,文光堂(東京),2016
  10. 泉 知里,松谷 勇人:まずは正常心エコーを理解する,Dr.チサトの考えながら撮る心エコー,pp9-22,泉 知里編著,メディカ出版(大阪),2016
  11. 泉 知里:右心系拡大の症例をみたら?,Dr.チサトの考えながら撮る心エコー,pp23-36,泉 知里編著,メディカ出版(大阪),2016
  12. 泉 知里:経皮的心肺補助装置下での心エコー,Dr.チサトの考えながら撮る心エコー,pp37-48,泉 知里編著,メディカ出版(大阪),2016
  13. 泉 知里,桑野 和代:息切れを訴えた症例このエコーどう読む?,Dr.チサトの考えながら撮る心エコー,pp49-66,泉 知里編著,メディカ出版(大阪),2016
  14. 天野 雅史:心室瘤を見たら?,Dr.チサトの考えながら撮る心エコー,pp67-78,泉 知里編著,メディカ出版(大阪),2016
  15. 泉 知里,西村 俊亮,橋和田 須美代:開心術後の下大静脈拡大症例をみたら?,Dr.チサトの考えながら撮る心エコー,pp79-94,泉 知里編著,メディカ出版(大阪),2016
  16. 西村 俊亮:Effusive constrictive pericarditisって何?,Dr.チサトの考えながら撮る心エコー,pp92-93,泉 知里編著,メディカ出版(大阪),2016
  17. 天野 雅史:肺塞栓症の心エコー所見,Dr.チサトの考えながら撮る心エコー,pp109-124,泉 知里編著,メディカ出版(大阪),2016
  18. 泉 知里,芳川 裕亮:スポーツをしている若年男性のエコーこれって正常?,Dr.チサトの考えながら撮る心エコー,pp125-140,泉 知里編著,メディカ出版(大阪),2016
  19. 泉 知里,高橋 佑典:原因不明の低酸素血症の症例をエコーでどうアプローチする?,Dr.チサトの考えながら撮る心エコー,pp141-153,泉 知里編著,メディカ出版(大阪),2016

 

学術雑誌

欧文

  1. Kaitani K, Kondo H, Hanazawa K, Onishi N, Hayama Y, Tsujimura A, Kuroda M, Nishimura S, Yoshikawa Y, Takahashi Y, Amano M, Imamura S, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Motooka M, Izumi C, Nakagawa Y:Relationship between diastolic ventricular dysfunction and subclinical sleep−disordered breathing in atrial fibrillation ablation candidates, Heart and Vessels 2016;31:1140−1147.
  2. Naito R, Miyauchi K, Daida H, Morimoto T, Hiro T, Kimura T, Nakagawa Y, etal:Impact of Total Risk Management on Coronary Plaque Regression in Diabetic Patients with Acute Coronary Syndrome −Sub analysis of JAPAN−ACS Study−, Journal of Atherosclerosis and Thrombosis 2016;23:922−931.
  3. Shimomura D, Nakagawa Y, Kondo H, Tamura T, Amano M, Enomoto S, Onishi N, Tamaki Y, Miyake M, Kaitani K, Izumi C, Fukuda A, Nakamura F, Kawano S:The influence of assay selection on prothrombin time measured in patients treated with rivaroxaban for non−valvular atrial fibrillation, Journal of Clinical Laboratory Analysis 2016;30:941−946.
  4. Yamaji K, Shiomi H, Morimoto T, Nakatsuma K, Toyota T, Ono K, Nakagawa Y, et al:Effects of Age and Sex on Clinical Outcomes after Percutaneous Coronary Intervention Relative to Coronary Artery Bypass Grafting in Patients with Triple Vessel Coronary Artery Disease, Circulation 2016;133:1878−1891.
  5. Nakatsuma K, Shiomi H, Morimoto T, Furukawa Y, Nakagawa Y, Ando K, Kadota K, et al:Inter−facility Transfer versus Direct Admission in Patients with ST−segment Elevation Acute Myocardial Infarction Undergoing Primary Percutaneous Coronary Intervention, Circulation Journal 2016;80:1764−1772.
  6. Shiomi H, Yamaji K, Morimoto T, Shizuta S, Nakatsuma K, Higami H, Nakagawa Y, et al:Very Long−term (10−to 14−Year) Outcomes after Percutaneous Coronary Intervention versus Coronary Artery Bypass Grafting for Multi−vessel Coronary Artery Disease in the Bare−Metal Stent Era, Circulation:Cardiovascular Interventions 2016;9:e 003365.
  7. Fujii Y, Itoh H, Ohno S, Kurebayashi N10, Murayama T10, Aoki H11, Nakagawa Y, et al:A type 2 ryanodine receptor variant associated with reduced Ca 2+ release and short−coupled torsade de pointe ventricular arrhythmia, Heart Rhythm 2017;14:98−107.
  8. Shiomi H, Morimoto T, Kitaguchi S12, Nakagawa Y, Ishii K13, Haruna Y12, Takamisawa I14, et al:Randomized Evaluation of Routine Follow−up Coronary Angiography after Percutaneous Coronary Intervention Trial (ReACT), Journal of the American College of Cardiology 2017;10:109−117.
  9. Yamashita Y, Shiomi H, Morimoto T, Yaku H, Furukawa Y, Nakagawa Y, Ando K, et al:Cardiac and Non−cardiac Causes of Long−term Mortality in ST−segment Elevation Acute Myocardial Infarction Patients Who Underwent Primary Percutaneous Coronary Intervention, Circulation : Cardiovascular Quality and Outcomes 2017;10:e 002790.
  10. Ikari Y15, Awata M16, Mitsudo K, Akasaka T17, Saito S18, Ishihara T, Nakagawa Y, et al:Efficient Distal Tip Size of Primary Guidewire for Antegrade Percutaneous Coronary Intervention in Chronic Total Occlusion : the G−FORCE study, International Journal of Cardiology 2017;227:94−99.
  11. Kitamura Y10, Suzuki K10, Teramukai S19, Sonobe M, Toyooka S20, Nakagawa Y, Yokomise H21, et al:Japanese Association for Chest Surgery. Feasibility of pulmonary resection for lung cancer in patients with coronary artery disease or atrial fibrillation, Annals of Thoracic Surgery 2017;103:432−440.
  12. Nishimura S, Amano M, Izumi C, Kuroda M, Yoshikawa Y, Takahashi Y, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Nakagawa Y:Multiple Coronary Artery Aneurysms and Thoracic Aortitis Associated with IgG 4−related Disease, Internal Medicine 2016;55(12):1605−1609.
  13. Nishimura S, Izumi C, Nishiga M, Amano M, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Nakagawa Y:Predictors of Rapid Progression and Clinical Outcome of Asymptomatic Severe Aortic Stenosis, Circulation Journal 2016;80(8):1863−1869.
  14. Nishimura S, Izumi C, Amano M, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Yamanaka K, Nakagawa Y:Long− Term Clinical Outcomes and Prognostic Factors After Pericardiectomy for Constrictive Pericarditis in a Japanese Population, Circulation Journal 2016;81(2):206−212.
  15. Kuroda M, Amano M, Enomoto S, Miyake M, Kondo H, Tamura T, Kaitani K, Izumi C, Nakagawa Y:Severe right ventricular and tricuspid valve dysfunction after pericardiocentesis, Journal of Medical Ultrasonics 2016;43:533−536.
  16. Izumi C:Asymptomatic severe aortic stenosis:challengesin diagnosis and management, Heart 2016;102:1168−1176.
  17. Onishi N, Kaitani K, Yasuda K, Sugimura S, Imanaka M, Kuroda M, Nishimura S, Takahashi Y, Yoshikawa Y, Amano M, Imamura S, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Izumi C, Nakagawa Y:Successful Ablation with a Multipolar Mapping Catheter for Swallowing−Induced Atrial Tachycardia, Internal Medicine 2016;55:2423−2427.
  18. Amano M, Izumi C, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Yamanaka K, Nakagawa Y:Progression of aortic regurgitation after subpulmonic infundibular ventricular septal defect repair, Heart 2016;102:1479−1484.
  19. Amano M, Izumi C, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Yamanaka K, Nakagawa Y:Late recurrence of left ventricular dysfunction after aortic valve replacement for severe chronic aortic regurgitation, International Journal of Cardiology 2016;224:240−244.
  20. Amano M, Izumi C, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Yamanaka K, Nakagawa Y:Pre− and Postoperative Predictors of Long−Term Prognosis After Aortic Valve Replacement for Severe Chronic Aortic Regurgitation, Circulation Journal 2016;80(12):2460− 2467.
  21. Kitai T, Taniguchi T, Morimoto T, Toyota T, Izumi C, Kaji S, Kim K, et al (CURRENT AS registry Investigators):Different clinical outcomes in patients with asymptomatic severe aortic stenosis according to the stage classification : Does the aortic valve area matter?, International Journal of Cardiology 2017;228:244−252.

(2015年度追加)

  1. Taniguchi T, Morimoto T, Shiomi H, Ando K, Kanamori N22, Izumi C, Miyake M, et al (CURRENT AS registry Investigators):Initial Surgical Versus Conservative Strategies in Patients With Asymptomatic Severe Aortic Stenosis, Journal of the American College of Cardiology 2015;66:2827−2838.

邦文

  1. 中川 義久:Open Heart・医師の言葉最近あったできごとから,心臓2016;48(3):261.
  2. 中川 義久:BRS/BVSはbreak throughとなるか~どこまでStentless Strategyは可能か~,Coronary Intervention2016;12(2):73-76.
  3. 中川 義久:専門医に訊くCommon Diseaseの最新の知識・虚血性心疾患,糖尿病診療マスター2016;14(10):814-815.
  4. 中川 義久:循環器疾患治療薬冠攣縮性狭心症での使い方,Heart View 2016;20(12):130-134.
  5. 中川 義久:高度石灰化病変への最適なPCIを考える,Mebio 2016;34(1):91-98.
  6. 中川 義久:抗血小板療法をめぐる最新の話題,日本内科学会雑誌2017;106:232-237.
  7. 中川 義久:非ST上昇型急性心筋梗塞の急性期診療,循環器内科2017;81(3):223-226.
  8. 泉 知里:【心エコー塾身につけたい心エコー】治す心エコーが活きる大動脈弁狭窄症の治療,Heart View 2016;20:64-70.
  9. 泉 知里:【救急エコーを臨床でどこまで活かすか】急性心室中隔破裂をいかに診断するかエコー所見・血行動態所見で手術は可能か,月刊心エコー2016;17:428-435.
  10. 泉 知里:【治療の流れを変える心エコーGame−changing echocardiography】structural heart diseaseにおけるgame−changing echocardiography感染性心内膜炎(IE),月刊心エコー2016;17:802-808.
  11. 田村 俊寛:大動脈弁狭窄症に伴う消化管出血:ハイド症候群,Bio Clinica 2016;31(6):23-26.
  12. 三宅 誠:【ここまでここからは専門医紹介のタイミング】大人になった心室中隔欠損症の「ここまでは」の見極め所,心エコー2016;17(4):330-336.
  13. 三宅 誠:【高齢者のエコーの撮り方・読み方】高齢者に多い心房細動と三尖弁逆流,心エコー2017;18(2):172-177.
  14. 大西 尚昭,中川 義久:【心電図を詠む―心に残る24症例から】不整脈嚥下誘発性心房頻拍,medicina 2016;53(5):654-657,708,740.
  15. 大西 尚昭,中川 義久:心房細動を合併したPCI症例での抗血栓療法,循環器内科2016;80(3):215-220.
  16. 天野 雅史,泉 知里:人工弁機能不全,月刊心エコー2016;17(12):1094-1101.

 

学会

国際学会

特別企画(シンポジウム・パネルディスカッション)
  1. Izumi C:Challenges in Echocardiography of Heart Valve Disease : How severe is this TR?. American Heart Association, 2016.11.13, New Orleans (USA)
  2. Izumi C:Look into the Right Heart Isolated TR:Ignore or Treat?. Korean Society of Echocardiography, 2016.11.20, Seoul (Korea)

一般演題(口演)
  1. Enomoto S, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Kuroda M, Nishimura S, Amano M, Imamura S, Onishi N, Sakamoto J, Tamaki Y, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Izumi C, Nakagawa Y:Successful retrograde chronic total occlusion recanalization of diffuse atherosclerotic left anterior descending artery in a young man with familial hypercholesterolemia. Complex Cardiovascular Therapeutics 2016, 2016.10.22, Kobe (Japan)
  2. Amano M, Izumi C:Tricuspid valve dysfunction after pericardiocentesis. Valve summit 2016, 2016.12.2, Seoul (Korea)

一般演題(ポスター)
  1. Onishi N, Kaitani K, Imamura S, Izumi C, Nakagawa Y:The impact of left ventricular diastolic dysfunction for the very late recurrence after the multiple atrial fibrillation ablations. Cardiostim 2016, 2016.6.8, Nice (France)
  2. Izumi C, Takahashi Y, Matsutani H, Hashiwada S, Kuwano K, Kuroda M, Nishimura S, Amano M, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Kondo H, Tamura T, Kaitani K, Nakagawa Y:Long−term Prognosis and its Predictors of Severe Isolated Tricuspid Regurgitation Associated with Atrial Fibrillation without Structural Heart Diseases. Europearn Society of Cardiology Congress 2016, 2016.8.27, Rome (Italy)
  3. Izumi C, Himura Y, Imanaka M, Kuroda M, Nishimura S, Amano M, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Kondo H, Tamura T, Kaitani K, Nakagawa Y:Very long−term follow−up data of patients with idiopathic dilated cardiomyopathy undergoing β−blocker therapy;Usefulness of 123 I−meta−iodobenzylguanidine scintigraphy as a predictor of prognosis. Europearn Society of Cardiology Congress 2016, 2016.8.27, Rome (Italy)
  4. Nishimura S, Izumi C, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Kuroda M, Amano M, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Nakagawa Y:The incidence and severity of aortic plaque in patients with aortic stenosis and its relation with severity of aortic stenosis. Europearn Society of Cardiology Congress 2016, 2016.8.27, Rome (Italy)
  5. Nishimura S, Izumi C, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Kuroda M, Amano M, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Nakagawa Y:Predictive value of aortic arch plaque for perioperative cerebral infarction in patients with severe aortic stenosis. Europearn Society of Cardiology Congress 2016, 2016.8.28, Rome (Italy)
  6. Nishimura S, Izumi C, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Kuroda M, Amano M, Imamura S, Onishi N, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Nakagawa Y:Impact of aortic plaque on the progression rate and prognosis of aortic stenosis. Europearn Society of Cardiology Congress 2016, 2016.8.28, Rome (Italy)
  7. Amano M, Izumi C, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Nishimura S, Kuroda M, Onishi N, Imamura S, Sakamoto J, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Nakagawa Y:Chronological Changes in Cardiac Morphology and Function and Predictors of Prognosis in Light−chain Amyloidosis;Follow−up Data by Echocardiography. Europearn Society of Cardiology Congress 2016, 2016.8.28, Rome (Italy)
  8. Miyake M, Izumi C, Taniguchi T, Morimoto T, Nakagawa N, Sakata R, Kimura T:Long−term outcomes and its predictors of aortic valve replacement for asymptomatic severe aortic stenosis;Comparison between initial surgical strategy and conservative strategy. Europearn Society of Cardiology Congress 2016, 2016.8.28, Rome (Italy)
  9. Enomoto S, Tamura T, Nakagawa Y:Successful percutaneous revascularization for highly angulated left main true bifurcation lesion by TAP technique. Transcatheter Cardiovascular Theapeutics 2016, 2016.10.29, Washington, D.C. (USA)
  10. Amano M, Izumi C, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Nishimura S, Kuroda M, Imamura S, Onishi N, Sakamoto J, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Nakagawa Y:The Recent Trend of Natural History and Prognosis in Patients with Symptomatic Severe Aortic Stenosis. American Society of Cardiology congress 2016, 2016.11.15, New Orleans (USA)
  11. Amano M, Izumi C, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Nishimura S, Kuroda M, Imamura S, Onishi N, Sakamoto J, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Nakagawa Y:The Usefulness of Echocardiographic Indices of Right Ventricular Systolic Function in Patients with Interstitial Pneumonia. American Society of Cardiology congress 2016, 2016.11.15, New Orleans (USA)
  12. Tamaki Y, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Nishimura S, Kuroda M, Amano M, Onishi N, Sakamoto J, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Izumi C, Nakagawa Y:Long term prognosis of patients with cardiac resynchronization therapy. International Society of Cardiomyopathies and Heart Failure Congress 2016, 2016.12.2, Kyoto (Japan)

国内学会

特別講演・教育講演
  1. 泉 知里:大動脈弁狭窄症:最近の知見.第7回ストラクチャークラブ・ジャパン近畿・中四国支部会~学術講演会~,2016.9.10,大阪
  2. 泉 知里:至適三尖弁形成術の手術時期をどう考えるか.第64回日本心臓病学会学術集会,2016.9.24,東京
  3. 泉 知里:「超高齢化社会を迎えて考えておくべきこと」必然性の高い治療適応と疑問の残る治療適応.第7回日本心臓弁膜症学会,2016.10.21,札幌(北海道)

特別企画(シンポジウム・パネルディスカッション)
  1. 天野 雅史,西村 俊亮,三宅 誠,本庄 原,泉 知里:JSE Case Conference(JCC)このMRどうする?.日本心エコー図学会第27回学術集会,2016.4.23,大阪
  2. 泉 知里:救急現場での肺血栓塞栓症の診断.日本心エコー図学会第27回学術集会,2016.4.24,大阪
  3. 泉 知里:これで決断TRの手術適応.日本心エコー図学会第27回学術集会,2016.4.24,大阪
  4. 三宅 誠:心エコー図で心サルコイドーシスが診断できるか.日本心エコー図学会第27回学術集会,2016.4.24,大阪
  5. 泉 知里:高齢者の心房細動と三尖弁閉鎖不全症.第89回日本超音波学会学術集会,2016.5.27,京都
  6. 中川 義久:PCIの適応・緊急PCI.第25回日本心血管インターベンション治療学会,2016.7.7,東京
  7. 中川 義久:AMI治療における至適ステントの選択.第25回日本心血管インターベンション治療学会,2016.7.7,東京
  8. 田村 俊寛:PCPS(percutaneous cardiopulmonary support)装着患者に合併する後天性フォンウィルブランド病.第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会,2016.7.15,東京
  9. 中川 義久:虚血性心疾患~新しい冠動脈デバイスとその課題~.第64回日本心臓病学会学術集会,2016.9.24,東京
  10. 中川 義久:Drug−Coated Stentテクノロジーと臨床成績~POBAからBMS&DES,そしてDCS~.第64回日本心臓病学会学術集会,2016.9.25,東京
  11. 中川 義久:PCIと術後2次予防をめぐる話題脂質管理を中心に.第30回日本心臓血管内視鏡学会,2016.10.1,西宮(兵庫)
  12. 三宅 誠:負荷エコーの最前線.第43回日本超音波医学会関西地方会,2016.10.29,大阪

一般演題(口演)
  1. 天野 雅史,泉 知里,三宅 誠,西村 俊亮,松谷 勇人,橋和田 須美代,貝谷 和昭,中川 義久:心病変合併ALアミロイドーシス患者の予後と心エコー図検査によるフォローアップデータ.日本心エコー図学会第27回学術集会,2016.4.24,大阪
  2. 黒田 真衣子,田村 俊寛,三宅 誠,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:Figulla Flex Ⅱ ASD occluderを使用した2症例.第212回日本内科学会近畿地方会,2016.6.25,大阪
  3. 黒田 真衣子,田村 俊寛,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,西村 俊亮,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:Figulla Flex 2 ASD Occuluderが有効であった心房中隔欠損症の2例.第212回日本内科学会近畿地方会,2016.6.26,大阪
  4. 榎本 操一郎,田村 俊寛,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,三宅 誠,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:A recurrent drug−eluting stent failure case successfully treated with drug−coated balloon. A serial OCT assessment. 第25回日本心血管インターベンション治療学会,2016.7.7,東京
  5. Tamura T, Sakaguchi H, Izumi C, Miyake M, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Nishimura S, Kuroda M, Amano M, Onishi N, Imamura S, Sakamoto J, Tamaki Y, Enomoto S, Kondo H, Kaitani K, Yamanaka K, Nakagawa Y : Short−term clinical outcomes of TAVI in patients with severe aortic stenosis : A single center experience. 第26回日本心血管インターベンション治療学会学術総会,2016.7.7,東京
  6. 榎本 操一郎,田村 俊寛,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,三宅 誠,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:The potent therapeutic effects of balloon pulmonary angioplasty for chronic thromboembolic pulmonary hypertension. 第25回日本心血管インターベンション治療学会,2016.7.8,東京
  7. 今中 雅子,田村 俊寛,西村 俊亮,大林 祐樹,布木 誠之,黒田 真衣子,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)により貧血の改善を認めた後天性フォンウィルブランド病(ハイド症候群)の一例.第121回日本循環器学会近畿地方会,2016.7.16,京都
  8. 辻野 絵美,三宅 誠,田村 俊寛,今中 雅子,西村 俊亮,黒田 真衣子,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,田巻 庸道,榎本 操一郎,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:経皮的心房中隔欠損閉鎖術に先行してバルーンオクルージョンテストを施行した陳旧性心筋梗塞の一例.第121回日本循環器学会近畿地方会,2016.7.16,京都
  9. 西村 俊亮,榎本 操一郎,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,田巻 庸道,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:上肢虚血症状を有する右鎖骨下動脈起始部の慢性完全閉塞に対し血管内治療を施行した一例.第121回日本循環器学会近畿地方会,2016.7.16,大阪
  10. 今中 雅子,田村 俊寛,西村 俊亮,大林 祐樹,布木 誠之,黒田 真衣子,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)により貧血の改善を認めた後天性フォンウィルブランド病(ハイド症候群)の一例.第121回日本循環器学会近畿地方会,2016.7.16,京都
  11. Onishi N, Kaitani K, Imamura S, Izumi C, Nakagawa Y : The impact of sleep−disorder breathing and left atrium dilation at baseline for recurrence after multiple atrial fibrillation ablations. 第63回日本不整脈心電学会,2016.7.17,札幌(北海道)
  12. 西村 俊亮,泉 知里,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,中川 義久:心房中隔欠損症閉鎖術後の僧帽弁逆流の経時変化および増悪の予測因子について.第64回日本心臓病学会学術集会,2016.9.23,東京
  13. 西村 俊亮,田村 俊寛,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:TF−TAVI後にIEが疑われた一例.第2回ストラクチャークラブジャパンライブデモンストレーション,2016.10.7,京都
  14. 榎本 操一郎,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:Distal bifurcationを有するLAD CTOに対してantegrade PCIがfailureし,retrograde approachにて血行再建に成功した一例.第27回日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会,2016.10.8,大阪
  15. 榎本 操一郎,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:血管径の小さいSFA CTOに対しPOBAおよびSeQuent Pleaseにて中期的開存を維持しえた一例.第27回日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会,2016.10.8,大阪
  16. 近藤 博和:5m walking time is well correlated with peak oxygen consumption in chronic heart failure patients. 第20回日本心不全学会学術集会,2016.10.9,札幌(北海道)
  17. 黒田 真衣子,貝谷 和昭,杉村 宗典,安田 健治,中野 雄太,今村 沙梨,大西 尚昭,泉 知里,中川 義久:9種類の心房頻拍を認めアブレーションに成功した一例.カテーテルアブレーション関連秋期大会2016,2016.10.28,福岡
  18. 榎本 操一郎,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:高度石灰化を伴ったLMT分岐部~LADを責任病変とする心原性ショックSTEMIの一例.第2回Pan−Pacific Primary Angioplasty Conference2016,2016.11.18,京都
  19. 黒田 真衣子,田巻 庸道,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,西村 俊亮,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,田村 俊寛,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:ループ利尿薬抗性心不全に対しトルバプタンが著効した一例.第122回日本循環器学会近畿地方会,2016.11.26,大阪
  20. 梅宮 槙樹,坂本 二郎,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:膝窩動脈瘤による下肢動脈血栓塞栓症が疑われた一例.第122回日本循環器学会近畿地方会,2016.11.26,大阪
  21. 布木 誠之,田村 俊寛,大林 祐樹,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久,阪口 仁寿,山中 一朗:超重症大動脈弁狭窄症に対してCorevalve留置時に順行性のpop−outを生じた一例.第122回日本循環器学会近畿地方会,2016.11.26,大阪
  22. 布木 誠之,田村 俊寛,大林 祐樹,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久,阪口 仁寿,山中 一朗:超重症大動脈弁狭窄症に対してCorevalve留置時に順行性のpop−outを生じた一例.第122回日本循環器学会近畿地方会,2016.11.26,大阪
  23. 小西 啓司,大西 尚昭,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,今村 沙梨,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:心室性期外収縮による心機能低下に対してカテーテルアブレーション治療が奏功した1例.第122回日本循環器学会近畿地方会,2016.11.26,大阪
  24. 西村 俊亮,田村 俊寛,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,泉 知里,中川 義久:Optimo®を用いてPTAを施行した右外腸骨動脈および左総腸骨動脈慢性完全閉塞の一例.第28回日本心血管インターベンション治療学会近畿地方会,2017.3.11,大阪
  25. Amano M, Izumi C, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Nishimura S, Kuroda M, Imamura S, Onishi N, Sakamoto J, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Nakagawa Y:The Usefulness of Echocardiographic Indices of Right Ventricular Systolic Function in Patients with Interstitial Pneumonia. 第81回日本循環器学会学術集会,2017.3.17,金沢(石川)
  26. Tamura T, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Nishimura S, Kuroda M, Amano M, Onishi N, Sakamoto J, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Kondo H, Izumi C, Nakagawa Y:Acquired von Willebrand Syndrome in Patients with Percutaneous Cardiopulmonary Support System. 第81回日本循環器学会学術集会,2017.3.17,金沢(石川)
  27. Miyake M, Izumi C, Taniguchi T, Morimoto T, Nakagawa N, Sakata R , Kimura T:Long−term Outcomes after Aortic Valve Replacement for Asymptomatic Severe Aortic Stenosis;Comparison between Initial Surgical Strategy and Initial Conservative Strategy. 第81回日本循環器学会学術集会,2017.3.19,金沢(石川)
  28. Onishi N, Kaitani K, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Kuroda M, Nishimura S, Amano M, Sakamoto J, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Izumi C, Nakagawa Y:The Clinical Impact of the Timing of Early Recurrence after Atrial Fibrillation Ablation:From Kansai Plus Atrial Fibrillation Registry. 第81回日本循環器学会学術集会,2017.3.19,金沢(石川)
  29. 相山 佑樹,坂本 二郎,田村 俊寛,近藤 博和,泉 知里,中川 義久:アドリアマイシン心筋症が疑われた急性心不全の1例.第215回日本内科学会近畿地方会,2017.3.25,神戸(兵庫)

一般演題(ポスター)
  1. 天野 雅史,泉 知里,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,中川 義久:AAアミロイドーシスの予後と心病変合併による影響.第113回日本内科学会総会・講演会,2016.4.16,東京
  2. 西村 俊亮,泉 知里,今中 雅子,黒田 真衣子,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,中川 義久:大動脈弁狭窄症患者における大動脈プラークの頻度とその重症度について―経食道心エコー図検査を用いた検討―.第27回日本心エコー図学会学術集会,2016.4.22,大阪
  3. 今中 雅子,泉 知里,大林 佑樹,布木 誠之,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,田村 俊寛,貝谷 和昭,中川 義久:膠原病患者における心血管合併症の頻度と実際のマネージメントについて.第64回日本心臓病学会学術集会,2016.9.23,東京
  4. 西村 俊亮,泉 知里,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,中川 義久:重症大動脈弁狭窄症に対する外科的大動脈弁置換術周術期脳梗塞発症の予測因子について―大動脈弓部プラークの術前評価の有用性―.第64回日本心臓病学会学術集会,2016.9.23,東京
  5. 天野 雅史,泉 知里,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,西村 俊亮,黒田 真衣子,大西 尚昭,今村 沙梨,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,中川 義久:黄色ブドウ球菌菌血症患者の診療において経食道心エコー図検査による感染性心内膜炎診断除外は必要か?.第64回日本心臓病学会学術集会,2016.9.24,東京
  6. 天野 雅史,泉 知里,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,西村 俊亮,黒田 真衣子,大西 尚昭,今村 沙梨,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,中川 義久:左室壁厚が厚くない心病変合併ALアミロイドーシス患者の予後は悪いのか?.第64回日本心臓病学会学術集会,2016.9.24,東京
  7. Sakamoto J, Seno H, Nishi E:Nardilysin regulates intestinal tumor progression by modulating p 53. 第75回日本癌学会学術総会,2016.10.7,横浜(神奈川)
  8. 天野 雅史,泉 知里,三宅 誠,山中 一朗,中川 義久:自己僧帽弁感染性心内膜炎に対する僧帽弁術後の長期成績並びに術式による比較.第7回日本弁膜症学会,2016.10.22,札幌(北海道)
  9. 榎本 操一郎,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:当院における慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するバルーン肺動脈拡張術の治療効果.Complex Peripheral Angioplasty Conference2016,2016.11.26,豊橋(愛知)
  10. Tamaki Y, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Nishimura S, Kuroda M, Amano M, Onishi N, Sakamoto J, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kondo H, Kaitani K, Izumi C, Nakagawa Y:Predictors of heart failure in patients with ST elevation myocardial infarction undergoing percutaneous coronary intervention. 第81回日本循環器学会学術集会,2017.3.17,金沢(石川)
  11. Kondo H, Obayashi Y, Fuki M, Imanaka M, Kuroda M, Nishimura S, Amano M, Onishi N, Sakamoto J, Tamaki Y, Enomoto S, Miyake M, Tamura T, Kaitani K, Izumi C, Nakagawa Y:Relationship between Five Meters Walking Time and Peak Oxygen Consumption in Chronic Heart Failure Patients. 第81回日本循環器学会学術集会,2017.3.19,金沢(石川)
  12. 大西 尚昭,貝谷 和昭,今村 沙梨,黒田 真衣子,泉 知里,中川 義久:左室流出路起源の心室性期外収縮アブレーションにおいてコンタクトフォースモニタリングの有用性が示唆された二症例.日本不整脈学会カテーテルアブレーション関連秋季大会2016,2016.10.28,福岡

 

研究会

特別講演・教育講演
  1. 中川 義久:PCI患者における抗血小板療法についてのわかりやすいお話.SANOFI Web Conference,2016.4.18,東京
  2. 中川 義久:BRS Clinical Information Update. 近畿心血管治療ジョイントライブ(KCJL)2016,2016.4.21,京都
  3. 中川 義久:DESの未来BVS, DFS. 近畿心血管治療ジョイントライブ(KCJL)2016,2016.4.22,京都
  4. 中川 義久:冠動脈インターベンションの最前線~生体吸収性スキャフォールドを中心に~.第43回関西心臓血管カテーテル研究会,2016.5.8,大阪
  5. 泉 知里:感染性心内膜炎:症例から学ぶチーム医療の重要性.第22回沖縄心血管エコー図研究会,2016.5.20,那覇(沖縄)
  6. 中川 義久:抗血小板薬と抗凝固薬の必要性と課題~抗血栓療法の実際,私はこうしている~.抗血栓セミナー,2016.7.21,八戸(青森)
  7. 中川 義久:Ambitious Session Part1,いつかメジャー学会発表をしたい! 研究プランの構築をどうする.Tokyo Percutaneous Cardiovascular Intervention Conference(TOPIC)2016,2016.7.23,東京
  8. 泉 知里:症例から学ぶ心不全診療:心エコー所見をどのように活用するか?.若手医師フォーラム,2016.8.4,天理(奈良)
  9. 中川 義久:循環器臨床研究から学ぶ実践的臨床統計.循環器診療ステップアップ・セミナー,2016.8.6,大阪
  10. 泉 知里:症例から学ぶ心不全診療:心不全治療における心エコーの役割.奈良心エコーカンファレンス,2016.9.12,奈良
  11. 泉 知里:大動脈弁狭窄症および心房中隔欠損症のカテーテル治療~心エコー図検査が果たす役割~.若草山心エコーセミナー,2016.9.15,奈良
  12. 中川 義久:虚血性心疾患合併心房細動における抗凝固療法・抗血小板療法の実際.これからの抗凝固療法を考える講演会,2016.10.15,山科(京都)
  13. 中川 義久:虚血性心疾患についてわかりやすい最新知見.循環器研究会in 宮古,2016.10.19,宮古(岩手)
  14. 中川 義久:眼からウロコが落ちるように判る心電図の話.Complex Catheter Therapeutics 2016,2016.10.22,神戸(兵庫)
  15. 泉 知里:心不全治療における心エコーの役割.和歌山循環器勉強会,2017.2.4,和歌山
  16. 泉 知里:三尖弁閉鎖不全症の手術をどう考えるか?.第15回山口県東部心不全勉強会,2017.2.21,山口
  17. 泉 知里:心内異常構造物:どのように診断を進めるか?.第14回京都循環器検査研究会学術集会,2017.3.26,京都

一般演題(口演)
  1. 田村 俊寛:いずれも急性心筋梗塞を発症した家族性.レパーサフォーラム in Nara,2016.5.12,奈良
  2. 大西 尚昭,貝谷 和昭,今村 沙梨,黒田 真衣子,泉 知里,中川 義久:左室流出路起源の心室性期外収縮アブレーションにおいてコンタクトフォースモニタリングの有用性が示唆された二症例.Educational meeting for Arrhythmia by Experts in Nara,2016.5.20,奈良
  3. 黒田 真衣子,田巻 庸道,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,西村 俊亮,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,田村 俊寛,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:ループ利尿薬抗性心不全に対するトルバプタンの使用経験.第3回Network Meeting,2016.6.13,奈良
  4. 田巻 庸道:トルバプタン使用経験からの考察―薬理学的特性から考える―.第3回Network Meeting,2016.6.13,奈良
  5. 天野 雅史,田村 俊寛:急性B型大動脈解離に急性冠症候群を合併した一例.鴨川カンファレンス,2016.6.15,京都
  6. 田村 俊寛:Shaggy aortaに対しpull−throughテクニック.KTAVI,2016.6.17,大阪
  7. 田村 俊寛:肺高血圧症を合併した狭小弁輪に対して.KTAVI,2016.6.17,大阪
  8. 今中 雅子,田村 俊寛,西村 俊亮,大林 祐樹,布木 誠之,黒田 真衣子,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:STJに高度石灰化を伴うハイド症候群に対しSapien XT®を断念し,CoreValve®を留置した一例.ストラクチャークラブ・ジャパン近畿・中四国支部会,2016.9.10,大阪
  9. 今中 雅子,田村 俊寛,西村 俊亮,大林 祐樹,布木 誠之,黒田 真衣子,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:STJに高度石灰化を伴うハイド症候群に対しTAVIを施行した一例.第7回ストラクチャークラブ・ジャパン近畿・中四国支部会,2016.9.10,大阪
  10. 西村 俊亮,泉 知里,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,天野 雅史,今村 沙梨,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,中川 義久:僧帽弁狭窄症に対する僧帽弁置換術後,胸水および下腿浮腫が遷延した一例.心エコーカンファレンス,2016.9.12,奈良
  11. 西村 俊亮,泉 知里,天野 雅史,田巻 庸道,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,中川 義久:当院救急搬送症例の搬送後経過について.救急診療懇話会,2016.9.17,奈良
  12. 田巻 庸道:大量胸水貯留を認めた右心不全症例におけるトルバプタンの使用経験.心不全治療MEETING,2016.9.29,奈良
  13. 西村 俊亮,田村 俊寛,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久,阪口 仁寿,山中 一朗:TF−TAVI後にIEが疑われた一例.ストラクチャークラブ・ジャパンライブデモンストレーション2016,2016.10.7,京都
  14. 油谷 英孝,黒田 真衣子,田村 俊寛,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,西村 俊亮,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,泉 知里,中川 義久:胸痛を主訴として救急搬送中に心室頻拍を生じた一例.木曜カンファレンス,2016.10.27,神戸(兵庫)
  15. 坂本 二郎,田村 俊寛:冠動脈内に脱落したステントをスネアで回収した1例.第4回K−PCIカンファレンス,2016.11.11,大阪
  16. Kurod M, Kaitani K, Sugimura S, Yasuda K, Nakano Y, Onishi N, Izumi C, Nakagawa Y:A difficult case;Radiofrequency Catether Ablation of Supraventricular Tachycardia after Senning Operation. 第6回奈良県不整脈臨床カンファレンス,2016.11.19,奈良
  17. 西村 俊亮,田村 俊寛,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,泉 知里,中川 義久:Optimo®を用いてPTAを施行した右外腸骨動脈および左総腸骨動脈慢性完全閉塞の一例.奈良若草山Intervention conference,2016.11.25,奈良
  18. 西村 俊亮,田村 俊寛,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,泉 知里,中川 義久:Optimo®を用いてPTAを施行した右外腸骨動脈および左総腸骨動脈慢性完全閉塞の一例.奈良若草山Intervention conference,2016.11.25,奈良
  19. 今中 雅子,天野 雅史,大林 祐樹,布木 誠之,黒田 真衣子,西村 俊亮,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,田村 俊寛,泉 知里,中川 義久:労作時呼吸苦,その鑑別は?.天神京循環器セミナー,2016.11.26,大阪
  20. 田村 俊寛,大西 尚昭,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,西村 俊亮,黒田 真衣子,天野 雅史,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,泉 知里,中川 義久:非責任病変を伴った超高齢者ST上昇型急性心筋梗塞の一例(~To PRAMI or not to PRAMI?~).第2回Pan−Pacific Primary Angioplasty Conference 2016,2016.11.29,京都
  21. 田村 俊寛:胸痛を主訴として救急搬送中に心室頻拍を生じた一例.第18回鴨川カンファレンス,2016.11.30,京都
  22. 大西 尚昭,貝谷 和昭,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,今村 沙梨,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,泉 知里,中川 義久:当院における持続性心房細動アブレーションの基本戦術~低電位領域と左房後壁一括隔離アブレーション.Catheter Ablation Summit in Kansai 2016(Kansai CAS 2016),2016.12.17,大阪
  23. 大西 尚昭,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:当院における成人先天性心疾患患者の頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションの取り組み~具体的症例を交えて.第15回京都大学循環器内科心血管フォーラム,2017.1.7,京都
  24. 大林 祐樹,田村 俊寛,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,泉 知里,中川 義久:PCPS(percutaneous cardiopulmonary support)装着患者に合併する後天性フォンウィルブランド病.第15回京都心血管疾患フォーラム,2017.1.7,京都
  25. Tamura T : Retrieval of Embolized Amplatzer Cribriform Device in Patient with PFO after Cryptogenic Stroke. 第11回ASD,PDAデバイス閉鎖術症例検討会,2017.1.28,東京
  26. 吉田 篤史,西村 亮,泉 知里,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,田村 俊寛,中川 義久:心肥大および失神発作を認めた一例.大阪木曜カンファレンス,2017.2.2,大阪
  27. 黒田 真衣子,田巻 庸道,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,西村 俊亮,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,榎本 操一郎,三宅 誠,近藤 博和,田村 俊寛,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:大量の胸水貯留を認めた心不全症例に対するトルバプタンの使用経験.第1回奈良若手HFネットワーク,2017.2.4,奈良
  28. 黒田 真衣子,榎本 操一郎,田村 俊寛,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,西村 俊亮,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,三宅 誠,近藤 博和,泉 知里,中川 義久:冠動脈CTがプラーク組織性状の診断に有用であった不安定狭心症の一例.第9回京滋奈良カテラボカンファレンス,2017.2.18,京都
  29. 榎本 操一郎,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:LAD閉塞によるSTEMIで来院し,併存するRCA long CTOにstaged PCIを行った一例.第55回京滋奈良Interventional Cardiology 研究会,2017.2.18,京都

 

その他の講演

  1. 泉 知里:大動脈弁狭窄症の診断と治療:最近の話題.第30回Clinical Cardiac Conference,2016.4.16,名古屋(愛知)
  2. 近藤 博和:循環器疾患と睡眠呼吸障害.慢性心不全における呼吸補助療法,枚方公済病院心臓センター勉強会,2016.5.17,枚方(大阪)
  3. 泉 知里:心エコーで学ぶ心疾患『虚血性心疾患』.信濃町心エコーカンファレンス,2016.6.25,東京
  4. 泉 知里:IEの診断と治療:チーム医療の重要性.Tokushima超音波セミナー,2016.7.6,徳島
  5. 近藤 博和,下村 大樹,中川 義久:アピキサバン内服患者における凝固検査と血中濃度の検討.エリキュース発売3周年記念講演会,2016.7.9,奈良
  6. 坂本 二郎:抗がん剤治療と心不全~Cardio−oncologyへの取り組み~.第13回やまと循環器連携懇話会,2016.7.16,奈良
  7. 泉 知里:変動するTR:どのように対処するか?.第25回心エコー図学会夏期講習会,2016.7.24,神戸(兵庫)
  8. 榎本 操一郎:血管内imaging modalityの基礎.アボットバスキュラーworkshop,2016.8.3-4,福岡
  9. 近藤 博和,下村大樹,中川義久:リバーロキサバン内服患者における凝固検査と血中濃度の検討.バイエル講演会,2016.9.3,奈良
  10. 泉 知里:三尖弁の構造と機能.山口心エコースキルアップセミナー,2016.11.26,山口
  11. 泉 知里:「右心系を極める」不整脈原性右室心筋症.日本心エコー図学会第21回冬期講習会,2017.1.21,大阪
  12. 泉 知里:「弁膜症を極める」右心系IE.日本心エコー図学会第21回冬期講習会,2017.1.21,大阪
  13. 三宅 誠:ファロー四徴症術後.日本心エコー図学会第21回冬期講習会,2017.1.22,大阪
  14. 榎本 操一郎,大林 祐樹,布木 誠之,今中 雅子,黒田 真衣子,西村 俊亮,天野 雅史,大西 尚昭,坂本 二郎,田巻 庸道,三宅 誠,田村 俊寛,近藤 博和,貝谷 和昭,泉 知里,中川 義久:PCIの為のIVUS読影テクニック.第12回日本PCIフェローコース,2017.2.5,福岡
  15. 近藤 博和:循環器疾患と睡眠呼吸障害.宇陀地区病診連携カンファレンス,2017.2.18,宇陀(奈良)
  16. 泉 知里:知っておきたい肺血栓塞栓症・静脈血栓症.高齢者Total Care Management~抗凝固療法について考える~,2017.3.4,天理(奈良)
  17. 坂本 二郎:癌治療患者への血栓リスクマネージメント.Onco−Cardiologyを考える~癌治療患者へのリスクマネージメント,2017.3.23,天理(奈良)

 

院内集談会

  1. 近藤 博和:心臓リハビリテーションについて.クリパソ講演会,2016.4.19,外来診療棟5階講堂
  2. 山崎 誠太,天野 雅史:救急現場におけるCPA蘇生.M&Mカンファレンス,2016.7.4,外来診療棟中会議室
  3. 西村 信城,西村 俊亮:夜間のコードイエローについて.M&Mカンファレンス,2016.10.3,外来診療棟中会議室
  4. 田村 俊寛:後天性フォンウィルブランド病を合併した大動脈弁狭窄症(ハイド症候群)に対するTAVI治療.2016天理よろづ相談所学術発表会,2016.11.10,外来診療棟5階講堂

 

=京都大学大学院医学研究科,=兵庫医科大学

ページの先頭へ