看護部
新人支援システム

研修会

4月 看護部新規採用者オリエンテーション、感染対策個人防護具演習、静脈採血、酸素・吸引・吸入、看護記録・電子カルテ、看護職者の倫理、教育研究支援システム、心筋梗塞・心電図基礎、脳卒中(安全な薬物療法)、転倒転落防止、血糖測定・インスリン注射、輸血の看護、座談会、医療用麻薬取扱い、放射線被曝防護、抗がん剤曝露防止、安全なMRの知識
5月 輸血ポンプ・シリンジポンプ
6月 ストレスマネジメント・座談会、フィジカルアセスメント(腹部・脳神経、呼吸・循環)
9月 死後のケア、I-SBAR-C/KYT
10月 褥瘡ケア、一次救命処置(BLS)研修および救急カートの説明、正しいテープの貼り方・はがし方、インフル・ノロ対策、目標管理6ヶ月
11月 退院支援
12月 急変シュミレーション
1月 新人看護倫理、フレッシュパートナー

 

看護部新規採用者オリエンテーション

 今年は、看護師85名、助産師2名、看護補助者3名が入職しました。
 新型コロナ感染拡大を予防するため、3密を避けて短時間でオリエンテーションを行いました。コロナ禍で、今できることを取り組んでいます。

 

感染対策個人防護具演習

 感染制御実践看護師長より、個人防護具の適切な着脱を教えてもらいました。


 

静脈採血

 今年は、コロナ感染対応で、集合研修から現場教育に変更しています。 看護支援室を利用して練習しています。

 

 

酸素・吸引・吸入

各部署で技術指導を受けました。

 

フィジカルアセスメント(呼吸・循環、腹部・脳神経)

 部署研修でナーシングスキルの動画講義を視聴した後、研修室で集合研修を実施しました。少人数のグループで「呼吸、循環」「脳神経、腹部」に分かれ、認定看護師や先輩看護師のアドバイスを受けながら、フィジカルイグザミネーションの演習を真剣に行いました。

 

 

輸血ポンプ・シリンジポンプ

 マニュアルに基づいたポンプの使い方を理解し、実践できることを目的に、デモストレーション・アラームの意味と実践・インシデント時の対応について学びました。

 

褥瘡ケア

 研修は10月に予定しています。褥瘡ケアについて、ナーシングスキルで事前学習をした上で、皮膚・排泄ケア認定看護師より、講義と演習を受けます。

研修の目的
  • 褥瘡について基礎知識を再確認し、濁書発生のリスクアセスメントができ、予防対策を考えることができる。
  • 当院で使用している褥瘡予防用品が種類別でその特徴が理解できる。
  • 褥瘡予防・治療に関するシステムを知る。
  • 褥瘡局所アセスメント(DESIGN-R)がわかる。

 

転倒転落防止

 入院生活支援チーム主催よる研修です。
 転倒転落予防マニュアルを知り、危険因子を把握して、患者の安全を守る対策がわかることを目的に研修を受けました。
 講義・事例検討会・離床センサーの説明・転倒アセスメントシートの記入方法について学びました。

 

血糖測定・インスリン注射

 安全で確実なインスリン療法が実施できるよう、インスリン注射器・血糖測定器の取り扱いについて技術を学びました。

 

安全なMRの知識

 患者が安全にMRを受けられるよう、MR機器を理解しておくことが必要です。
 放射線部技師長より講義を受け、磁気体験をしました。安全確認の大切さを確認することができました。

 

一次救命処置(BLS)研修および救急カートの説明

 研修は10月に予定しています。
急変時にも看護メンバーとして確実に動けるようになるために、救急看護認定看護師小児救急看護認定看護師が中心となって、何度も繰り返し、シミュレーションを行います。

 

死後のケア

 研修は9月に予定しています。緩和ケア人手看護師の指導の下、臨終後の看護師の対応について、死後の処置の留意点、ご遺体の変化を考慮した死後の処置についてご遺族の心理状況を配慮したケアを学びます。

 

急変シミュレーション

 研修は12月に予定しています。

研修の目的
  • 質の高い心肺蘇生が実施できる
  • バックバルブマスクによる換気ができる
  • 電気ショックを安全かつ確実に行うことができる
  • チームでの蘇生の重要性が理解できる

 3つのブースに分かれて演習。
(1)BLS
(2)呼吸管理・挿管管理
(3)モニター・除細動器

 急変時対応では考えて実践することを学びました。演習を活かして、チームで声を掛け合い、急変に対応できるようにがんばります。

 

ページの先頭へ