もどる
ホーム ホーム > 各部案内 > センター > リハビリセンター > 研究と業績 > 2017年度 論文・学会発表

リハビリセンター
2017年度 論文・学会発表

学術雑誌

邦文

  1. 田中 良,児嶋 剛,酒巻 春日,堀 龍介,岡上 雄介,藤村 真太郎,大八木 誠児,北野 正之,庄司 和彦:リハビリテーションで常食摂取が可能となった特発性輪状咽頭嚥下困難症の1例,嚥下医学2018;7(1):78-85.

 

学会

国内学会

一般演題(口演)
  1. 鹿尾 大喜,後藤 総介,岡本 敦,奥中 桂子,田巻 庸道,中川 義久,山中 一朗,近藤 博和:心大血管術後リハビリテーションにおける遅延因子の検討.第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,2017.7.15,岐阜
  2. 後藤 総介,近藤 博和,岡本 敦,奥中 桂子,鹿尾 大喜,田巻 庸道,中川 義久:急性心筋梗塞発症早期の運動耐容能を規定する因子の検討.第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,2017.7.16,岐阜
  3. 升本 晴樹,岡本 敦,丸岡 満,前岡 伸吾,公文 梨花,宮城 慎二,高取 克彦:リハビリテーション専門職と市が連携し,介護予防事業を進めた事例.第27回奈良県理学療法士学会,2017.9.3,天理(奈良)
  4. 大西 美江:急性期病院における多職種連携の重要性を認識できた関わり~慢性GVHDの症例を通して~.第37回近畿作業療法学会,2017.10.1,奈良
  5. 後藤 総介:5−meter walking test at a fast pace predicts progress of rehabilitation after aortic valve replacement. 第21回日本心不全学会学術集会,2017.10.13,秋田
  6. 公文 梨花,前岡 伸吾:末期がん患者の最後の望みをかなえた余命一週間からの関わり.リハビリテーション・ケア合同研究大会,2017.10.19,久留米(福岡)
  7. 田中 良,児嶋 剛,鹿子島 大貴,大八木 誠児,藤村 真太郎,岡上 雄介,堀 龍介,庄司 和彦:誤嚥を認める状態で気管カニューレを抜去したが嚥下機能が改善し経口摂取可能となった症例.第41回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会,2018.2.9,仙台(宮城)

一般演題(ポスター)
  1. 岩佐 精志,後藤 総介,上田 裕之,梅本 旬男,丹生 淳子,田巻 庸道,中川 義久,山中 一朗,岡本 敦,鹿尾 大喜,岩見 里帆,近藤 博和:AMIに伴うVSPに対してパッチ閉鎖術およびCABG術後,運動耐容能が著しく改善した症例―外来心リハの関わり―.日本心臓リハビリテーション学会第3回近畿地方会,2018.2.17,神戸(兵庫)

 

研究会

一般演題(口演)
  1. 有賀 理恵子:多職種連携にてバルーン訓練法と間歇的口腔食道経管栄養法を実施し,経口摂取に至ったワレンベルグ症候群の若年症例.第27回近畿輸液・栄養研究会,2017.12.2,大阪
  2. 後藤 総介:介護保険と医療保険の狭間で心不全の疾病管理サポート目的で通院する高齢心不全症例.第15回阪神内部障害リハビリテーション研究会,2018.3.3,神戸(兵庫)

 

その他の講演

  1. 後藤 総介:心不全のケアとリハ―急性期での介入と課題―.桜井市訪問看護ステーション勉強会,2017.5.13,桜井(奈良)
  2. 池上 健太郎:急性期における呼吸循環器疾患理学療法の実際.奈良新人研修システム「呼吸器リハビリテーションコース」,2017.5.28,奈良
  3. 公文 梨花:リウマチサロンの取り組み.奈良リウマチミーティング,2017.7.7,奈良
  4. 後藤 総介:心疾患罹患対象者の在宅リハのススメ―急性期から在宅へ……心疾患対象者のシームレスな在宅移行に向けて―.平成29年度奈良県理学療法士協会介護保険部情報交換会,2017.8.3,桜井(奈良)
  5. 村上 康朗:糖尿病の最新の話題「理学療法士の立場から」.第10回奈良CDEの会学術講演会,2017.8.5,奈良
  6. 後藤 総介:心臓リハビリテーションの実際について.平成29年度なら新人研修システム「循環器リハビリテーションコース」,2017.9.10,奈良
  7. 田中 良:新しい介護予防事業とその背景.奈良県言語聴覚士会地域包括ケア・介護予防推進コース導入研修,2017.10.20,奈良
  8. 村上 康朗:糖尿病患者さんが他の病気で入院した時のアプローチ~周術期管理やがん治療の時の工夫~.第12回チームで考える糖尿病医療の会,2017.10.21,橿原(奈良)
  9. 岡本 敦:今日から始める運動でずっと健康.第12回PD患者様交流会,2017.12.2,天理
  10. 後藤 総介:心疾患罹患対象者のフィジカルアセスメントと運動療法―在宅リハに期待されること―.喜多野診療所訪問リハビリテーション勉強会,2018.2.24,奈良

 

院内集談会

  1. 岩佐 精志:入院支援生活チーム・転倒転落防止対策.入院支援生活チーム,2017.4.19,外来診療棟5階講堂
  2. 有賀 理恵子:嚥下障害の患者さんへの関わり方.東7病棟看護師向け勉強会,2017.7.11,東西入院棟ひのきしん室
  3. 岩佐 精志:入院支援生活チーム・車椅子移乗実習.入院支援生活チーム,2017.10.18,外来診療棟5階講堂
  4. 岩佐 精志:入院支援生活チーム活動報告会・インシデント報告.入院支援生活チーム,2017.10.24,外来診療棟5階講堂
  5. 鹿尾 大喜:心臓リハビリテーション勉強会~病棟での運動療法について知ろう~.新人看護師向け勉強会,2017.10.25,外来棟5階カンファレンス室
  6. 村上 康朗:後ろ歩き能力と病棟内歩行実用性についての検討.第14回天理よろづリハビリ研究発表会,2017.10.28,外来診療棟5階講堂
  7. 山口 舞衣:既往症の影響で嚥下機能低下しておりST介入中に胃瘻造設に至った症例.第14回天理よろづリハビリ研究発表会,2017.10.28,外来診療棟5階講堂
  8. 鹿尾 大喜:心大血管術後リハビリテーションにおける遅延因子の検討.第14回天理よろづリハビリ研究発表会,2017.10.28,外来診療棟5階講堂
  9. 関口 智雄:腰椎術後患者の退院状況を予測する因子の検討.第14回天理よろづリハビリ研究発表会,2017.10.28,外来診療棟5階講堂
  10. 公文 梨花:リウマチサロンの取り組み.第14回天理よろづリハビリ研究発表会,2017.10.28,外来診療棟5階講堂
  11. 河村 優佳:意味のある作業を用いた事で今後の生活に目を向けられるようになった事例.第14回天理よろづリハビリ研究発表会,2017.10.28,外来診療棟5階講堂
  12. 池上 健太郎:呼吸ケアチーム活動報告会2017 相談症例.呼吸ケアチーム活動報告会,2017.11.9,外来診療棟5階講堂
  13. 公文 梨花:末期がん患者の最後の望みをかなえた余命一週間からの関わり.第14回天理よろづリハビリ研究発表会(第2部),2018.3.2,外来診療棟5階講堂

 

一般向け

講演
  1. 村上 康朗:転倒予防について~座ってできる運動の実践~.第25回奈良県高齢者いい歯のコンクール,2017.10.5,奈良

 

=宮城会,=畿央大学

ページの先頭へ